下保昭展
2003年4月4日(金曜)〜5月5日(月曜・祝日)

昭和2年、富山県砺波市に生まれた下保昭は日展で特選や菊華賞を受賞し、昭和60年には芸術選奨文部大臣賞を受賞します が、昭和63年に日展を脱会し独自の道を歩みはじめます。日展脱会後は水墨画に専念し「下保昭水墨画展」や「冰雪黄山」などの<中国シリーズ>によって、中国の壮大な自然を題材に独自の水墨画の世界を確立し、第3回岡田茂吉賞や京都美術文化賞を受賞します。近年の下保昭は<日本の山水シリーズ>に見られるように、中国の風土とは異なる日本の風土特有のたおやかな優しさと霊的なものの表現に力を注いでいます。
本展覧会では、過去10年間の集大成として新作68点を含む、中国と日本の風景作品70点を紹介するものです。国際的にも、ますます評価が高まりつつある下保昭の近作を鑑賞いただければ幸いです。
 
ずはん「きほうぎょうあい(ぶりょうげん)」
「奇峰暁靄(武陵源)」 平成13(2001)年

ずはん「くろべげんばく」
ずはん「りくちゅうがんぺき」
「陸中岸壁」 平成15(2003)年

ずはん「かんかゆうしん」
ずはん「めいこんだい(ぶりょうげん)」
「黒部幻瀑」 平成15(2003)年
「寒霞幽深」 平成15(2003)年
「迷魂台(武陵源)」 平成15(2003)年

ずはん「がんしょうとえん」
「岩漿吐焔」 平成14(2002)年
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
 
会期 2003年4月4日(金曜)〜5月5日(月曜・祝日)
   
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
   
休館日

月曜日、祝日の翌日(ただし、4月28日・30日は開館)

   
観覧料 一般 700円(団体550円)[前売り]550円
高大生500円(団体380円)
小中生350円(団体250円)
  ※団体料金は20人以上の場合。
※この料金で常設展も観覧できます。
※小学生・中学生・高校生、盲・ろう・養護学校の児童・生徒による土曜・日曜・祝日の観覧や、教育活動としての観覧は無料です。
   
主催

富山県水墨美術館

   
共催 北日本新聞社、富山テレビ放送
   
後援 NHK富山放送局
   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431- 3720
   

  企画展リストへ戻る