現代中国水墨画展
2002年8月9日(金曜)〜8月25日(日曜)

このたび富山県水墨美術館では、日中国交正常化30周年を記念して「現代中国水墨画展」を開催いたします。この展覧会は水墨美術館の独自の企画展として、中国画研究院、中国美術家協会、中国書画芸術院の協力を得て初めて実現したものです。
本展は《21世紀 人間と大自然》をテーマとして、中国の26省全土から応募された約5000点の中から選ばれた、人間国宝の故・董寿平から近年国際的に高く評価されている45才の呉迅まで、現代の中国を代表する38名の作家の60点が展示されます。
水墨画は東洋独自の絵画表現として唐の時代に中国で生まれ、日本には鎌倉時代に伝来し室町時代に隆盛をみますが、その後はそれぞれの国の風土の中で独自の発展をとげてきました。水墨画はいわば千年以上にわたって中国と日本の共通の文化であり、本展ではこの共通の文化を通してお互いの文化の違いと共通点を探ることによって、富山県と中国、日本と中国のさらなる相互理解と友好を深めようとするものです。
 
ずはん ちゅうごくが
 
ずはん ちゅうごくが
 
ずはん ちゅうごくが
 
ずはん ちゅうごくが




ずはん ちゅうごくが
ずはん ちゅうごくが
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
会期 2002年8月9日(金曜)〜8月25日(日曜)
   
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
   
休館日 会期中無休
   
観覧料 無料
※ただし、常設展を観覧する場合は以下の料金が必要となります。
一般 200円(団体160円)
高大生160円(団体100円)
小中生100円(団体60円)
※小学生・中学生・高校生、盲・ろう・養護学校の児童・生徒による土曜・日曜・祝日の観覧や、教育活動としての観覧は無料です。
   
主催

日中国交正常化30周年記念「現代中国水墨画展」実行委員会
(富山県・富山市)

   
共催 富山「現代中国水墨画展」中国実行委員会
   
後援

外務省、文化庁、(社)日中友好協会、NHK富山放送局、中国駐日大使館
中国画研究院、中国美術家協会、中国書画芸術院、中国現代水墨画協会

   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431-3720
   

  企画展リストへ戻る