かんぞうひん展 匠の技と美術
 
2001年1月5日(金曜)〜2月18日(日曜)

 この展覧会では、富山県水墨美術館の収蔵作品のなかから、国指定重要無形文化財保持者(人間国宝)である石黒宗麿、金森映井智をはじめ、県指定無形文化財保持者の工芸と、石崎光瑤、郷倉千靱などの日本画を紹介します。工芸は「匠の技」として古くから公家、武家をはじめ庶民にいたるまで、焼き物、塗り物、金細工、染物など、様々な文物を通して受け継がれ愛好されてきました。今日では、伝統的な技術の継承にとどまらず、日用品からデザインや芸術作品まで、様々な分野で人々の生活のなかに活かされています。本展では、水墨美術館のコレクションから工芸作品を中心に約45点の作品を展示することで、絶えず技術の向上を求め切磋琢磨し、創意工夫を重ねる工芸作家たちの姿の一端を紹介するとともに、あわせて本県ゆかりの作家の日本画を紹介します。また、特別出品として勝興寺所蔵・国指定重要文化財「洛中洛外図」を展示します。伝統技術を基盤とする日本文化の美をお楽しみ下さい。
 
図版 やまざきかくたろう作「こうばいはくばいかざりぼん」(いっつい)

山崎覚太郎「紅梅白梅飾盆(一対)」1966年
  図版 かなもりえいいち作「ぞうがんちゅうどうかき」

金森映井智「象嵌鋳銅花器」1991年
     
図版 かやほうすい作「ぶっそくせき」

彼谷芳水「仏足跡」1978年
  図版 いしざきこうよう作「かちょうのず」

石崎光瑤「花鳥の図」1935年
 
※掲載図版の無断転用・転載を禁じます。
 
会期 2001年1月5日(金曜)〜2月18日(日曜)
   
開館時間 午前9時30分から午後5時まで(入室は午後4時30分まで)
   
休館日 毎週月曜日〈ただし1月8日(月曜)・2月12日(月曜)は開館〉
祝日の翌日〈1月9日(火曜)・2月13日(火曜)〉
※1月は5日(金曜)から開館します。
   
観覧料 一般300円(団体230円) 高大生200円(団体150円) 小中生150円(団体110円)
  ※団体料金は20名以上。
※この料金で常設展も観覧できます。
   
主催

富山県水墨美術館

   
問合せ 富山県水墨美術館 〒930-0887 富山市五福777番地
  Tel.076-431-3719 Fax.076-431-3720

  企画展リストへ戻る