※立博学芸員のブログです。
 博物館の活動を学芸員の視点で
 紹介します!
 

2016年12月 ★マークは休館日





01

02
03
04
05

06 07
08
09

10
11 12

13

14 15 16
17
18 19

20
21
22

23

24
25 26

27
28 29

30

31







URLリンク http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/home.html  メールアドレス http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1739/form.html  電話番号 076-481-1216
富山県[立山博物館]HP





メールでのお問い合わせは
→こちら













富山なび ios版
富山なび Android版

 
まんだら遊苑冬季休苑のお知らせ


 まんだら遊苑は、12月1日(木)から冬季休苑に入ります。
 今年は、8月の「まんだらナイトウォーク」が1日雨で中止になったことなどもありましたが、例年以上に多くの方に来苑して頂きました。本当にありがとうございます。
 来年は、雪の状況にもよりますが、4月1日開苑の予定です。それまでしばらくお待ち下さい。

 (なお、展示館・遙望館・山岳集古未来館・教算坊は、冬季も開館しています。)
 (終了)ご来場、ありがとうございました。

立山曼荼羅の絵解き解説
                         
  11月20日(日)、東京の「日本橋とやま館」において、
 「立山曼荼羅の絵解き解説」を行います。 
  雄大な立山の自然と立山信仰の世界について、
 当館学芸員がわかりやすく紹介します。  

 ・日 時 平成28年11月20日(日)
       14:30〜16:00 第1部 
               「立山曼荼羅絵解き解説」
       16:15〜17:00 第2部 
                講師と語る「立山の自然と人との関わり」
 ・会 場 日本橋とやま館
 ・講 師 富山県[立山博物館]学芸員 加藤基樹
 ・参加料 無料
 ・定 員 20名(申込制)

        チラシはこちら → クリック
 (終了)多数のご来場、ありがとうございました!!

立山×地獄展 第U部
 

「地獄の閃光」


 江戸時代に立山は地獄と浄土の山として全国に知られ、「地獄めぐり」も盛んに行われていました。
 日本人に〈地獄の世界〉はどのようにイメージされていたのでしょうか?
 六道絵や十王図、立山曼荼羅などの地獄絵や、能・歌舞伎などの芸能で地獄の世界を紹介します。
                         
「六道絵通坊本」(正興寺蔵)

 ・会  期 平成28年9月17日(土)〜11月13日(日)
 ・開催場所 立山博物館展示館1階 企画展示室
 ・開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
 ・観 覧 料  一般200円、大学生160円(高校生以下は無料)
 ・解 説 会  9月18日(日)、10月1日(土)、10月16日(日)、11月5日(土)
        いずれも午後2時より

 ※関連展示 「地獄って何だ!? 地獄の絵本を読もう」
         地獄をテーマとする現代の絵本を紹介します。
         実際に手にとってお楽しみください。
   ・期日  平成28年9月17日(土)〜11月13日(日)
   ・場所  立山博物館展示館1階 エントランスホール

 ※観覧者には立博特製「閻魔帳」をお渡しします。

   チラシはこちら → クリック

 (終了)多数のご来場、ありがとうございました!

まんだらナイトウォーク
     
   −光りと香りのページェント−

  キャンドルを使ったライトアップと、お香・アロマを
 使った香りの演出により、普段体験することのできない
 夜のまんだら遊苑を楽しむことができます。

 ・開 催 日 8月26日(金)〜28日(日)
     ※荒天の場合、中止になることがあります。
 ・入苑時間 18時30分〜20時
 ・観 覧 料 一般400円、大学生320円
       高校生以下、70歳以上の方は無料
 ※苑内には足元が悪いところがございますので、歩きやすい履物でお越し下さい。

  チラシはこちら →
クリック

 (終了)多数のご来場、ありがとうございました!!

閻魔王宮ナイトミュージアム             

 立山博物館初開催!
 現在開催中の特別企画展「立山×地獄展 第T部 閻魔の眼光」を、日中とは違った光の演出で夜間特別公開します。

 ・開 催 日 8月26日(金)〜28日(日)
 ・時  間 17時〜21時(入館は20時30分まで)
 ・開催場所 展示館1階企画展示室
       (常設展は観覧できません。)
 ・観 覧 料 一般200円、大学生160円
       高校生以下は無料


 (終了)多数のご来場、ありがとうございました!!!

地獄カフェ                        

 好評開催中の特別企画展「立山×地獄展 第T部
閻魔の眼光」に合わせて、「地獄カフェ」を開催します。 立山山中にあったとされる地獄をイメージした「血の
池地獄ジュース」や「寒地獄アイス」をはじめ、閻魔大
王の強大なパワーを表す驚きのメニューも用意しており
ます。詳しくは当日のお楽しみ!ご期待ください。
 
・日  時 8月11日(木・山の日)、12日(金)
      8月26日(金)・27日(土)・28日(日)
       10時〜16時(雨天中止)
・場  所 立山博物館展示館入口付近
・メニュー 血の池地獄ジュース
 (一部) 寒地獄アイス

      ※開催日当日に特別企画展「立山×地獄展 第T部 閻魔の眼光」を
       ご観覧の方には、「免罪符」(無料試飲券)をお渡しします。
       ぜひ、企画展とあわせてお楽しみください。

                                       

(終了) 多数のご来場、ありがとうございました。
平成28年度特別企画展

立山×地獄展 第T部
 

「閻魔の眼光」

 
 亡者の地獄行きを判定する閻魔大王は、
 生前の善悪の内容を裁くと信じられた。
  立山と閻魔、どのように関わりながら
 伝わってきたのか…。

 
  会   期:平成28年7月16日(土)
           〜9月4日(日)
  展示解説会:7月23日(土)
        8月13日(土)
        9月3日(土)
      (いずれも午後2時より)

  関連イベント
  
 ・地獄カフェ
     8月11日(木)・12日(金)
     8月26日(金)・27日(土)・28日(日)
      10:00〜16:00、展示館入口付近
   
・閻魔王宮ナイトミュージアム
     8月26日(金)・27日(土)・28日(日)
      17:00〜20:30、展示館1階企画展示室


  チラシはこちら → クリック

 
 

 多数のご来場、ありがとうございました。(終了)
 平成28年度 文化講演会

地獄の絵と語り                 

 〈立山の地獄思想〉は、日本の地獄思想全体のな
かで、どのように位置づけられるのか。地獄分野に
おける気鋭の研究者が、立山曼荼羅に描かれる地獄
の図像を分析しつつ、わかりやすく解説します。

 日 時  平成28年8月6日(土) 午後2時〜4時
 場 所  立山町元気交流ステーション みらいぶ
      (富山地方鉄道五百石駅舎)
 講 師  田村正彦氏(明治大学兼任講師)
 定 員  100名(先着順)
 入場料  無料
 チラシはこちら → クリック


多数の参加、ありがとうございました。(終了)

 集まれ! たてはく探検隊

 今年も「たてはく探検隊」の隊員を大募集します。
 隊員は、立山博物館や史跡を探検し、立山の自然や
歴史の謎を、ゲームやクイズをとおして楽しく学びます。
 たくさんの小学生隊員の参加を待っています。

 ・日  時  平成28年7月30日(土)
         9:30〜15:00
 ・集合場所  立山博物館教算坊
 ・応募資格  小学生
        (保護者の同伴をお願いします。)
 ・定  員  25名程度
 
   


多言語音声ガイドシステムをご利用ください!


立山博物館では、スマートフォンを使って、施
設や展示の内容を音声(英語・中国語(繁体字)
・日本語)と文字で案内する、多言語音声ガイド
システムを導入しました。

 日本人だけではなく、立山を訪れる外国人観光客の方々にも、立山の自然や歴史・文化の魅力を知っていただき、当館を楽しんでもらえると考えています。

  なお、音声ガイドには、無料アプリ「みんなのミュージアムガイド」が必要です。あらかじめダウンロードしてスマートフォンをご持参ください。


   英語(English)の案内はこちら
 ○中国語(繁体字)の案内はこちら

                                      


展示館エントランスに常設モニターを設置しました!

 この度、展示館エントランスに常設モニターを設置しました。
 このモニターは、展示館での観覧の際に、より理解を深めていただくため、新しく制作した展示館紹介多言語映像(英語・中国語・日本語対応)をご覧いただくことができ、外国人観光客の方々にも楽しんでいただけるようにしました。
 また、博物館の催し物の案内や、博物館施設の紹介も行っています。
 ご来館の際、一度ご覧下さい。
 好評です! たてはく出前講座 
   当館では、小中高校生を対象に、当館学芸員がプレゼンソフトなどを
  使用して立山の自然・歴史・文化などをわかりやすく解説する『出前講
  座』
をご用意しています。立山登山の事前学習に、また「ふるさと教育」
  や総合学習、遠足・宿泊学習などの際に、ぜひご利用下さい!
  詳しくはこちらをどうぞ  →  出前講座について
      
 ◆学芸員ノート
 黒部で新発見の鉄仏「鉄造阿弥陀如来坐像」(辻徳法寺蔵)について


全国的にも大変めずらしい鉄でできた仏さまで、文暦2年(1235年)の在銘があります。寺伝によると、この像はかつて立山の弥陀ヶ原に祀られていた阿弥陀如来だとされています。
この鉄仏は、平成27年の『立山の至宝展』で公開されました。
また、当館発行の『研究紀要Vol22』に詳しい論考が掲載されております。(当館のフェイスブックも、ご覧下さい)

新着情報  

■2016.04.28  平成28年5月3日(火)・4日(水)2日間、立山駅と立山博物館の間で無料バスを運行します。あわせて、教算坊にて宿坊カフェも開催します。ご来館をお待ちしております。
■2016.04.01  
冬の間休苑していたまんだら遊苑は、平成28年4月1日(金)より、営業を開始しました。ご来苑をお待ちしております。
■2016.03.26  
平成28年3月26日(土)より、「富山地方鉄道立山線」と「町営バス」の時刻表が改正されました。当館へお越しの際は、ご注意下さい。 → アクセスのページへ
■2015.08.29
  小中高校の先生方必見!立山登山の事前学習に、ふるさと教育や総合学習、遠足、宿泊学習などの際に、当館の学芸員が立山の自然や歴史・文化をわかりやすく解説する『出前講座』をご用意しています。ぜひご利用下さい!! → 出前講座について

常設展示


お問い合わせ著作権サイトマップ