※立博学芸員のブログです。
 博物館の活動を学芸員の視点で
 紹介します!
 

2018年8月 ★マークは休館日

01
02
03
04

05
06

07 08
09
10
11
12 13

14
15 16
17
18
19
20

21
22
23
24
25
26
27
28 29 30 31






URLリンク http://www.pref.toyama.jp/branches/3043/home.html  メールアドレス http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1739/form.html  電話番号 076-481-1216
富山県[立山博物館]HP





メールでのお問い合わせは
→こちら











富山県文化振興財団
立山博物館からのご案内


平成30年度文化講演会
山岳信仰
明治維新
     
   
9月29日
土)14:00〜16:00
   場所 立山町元気交流ステーションみらいぶ 1階 
     
(富山地方鉄道五百石駅舎内)  
   定員70名(先着順)申込はいりません。
聴講無料
  講師 鈴木 正崇氏
(慶應義塾大学名誉教授/日本山岳修験学会会長
   
江戸時代まで「神仏混淆」の霊山だった「立山」。
明治維新政府の宗教政策により、立山は、全国の他の霊山とともに大きく変化したと言われています。そこで、山岳信仰における明治維新とは何か、わかりやすくお話しします。
お問い合わせは学芸課までお願いいたします。
 
【前期特別企画展好評開催中!
験佛化現
(げんぶつけげん)
-立山権現と越中の生身仏信仰
-
      
    7月14日(土)9月2日(日
観覧料 一般200円 大学生100円(高校生以下、障がい者等の観覧料
                       は無料です。)
*担当学芸員による解説会を開催いたします
7月14日(土)、8月11日(土)いずれも14時より。また「ミュージアムdeナイト」に合わせまして8月11日(土)は18時30分〜19時にも開催いたします。
*企画展委員杉崎貴英氏(帝塚山大学准教授)のギャラリートークは8月18日(土)14時より開催いたします。
 ご来場をお待ちしております。
 *お知らせ*
展示中の「立山曼荼羅」(大徳寺本)は、大徳寺での立山曼荼羅絵解きのため、8月9日〜17日の間は、「立山曼荼羅」(来迎寺本・複製)を展示します。また、釈迦如来立像は、薬勝寺大般若厳修に伴い、7月28日〜8月2日の間はパネル展示とさせていだきます。ご了承ください。


の立山曼荼羅特別公開展
立山曼荼羅に描かれる“地獄” 
     
 






今回は、立山曼荼羅に描かれている「立山地獄」に注目します。

 「地獄ってどんな人が堕ちるの?」「地獄ってどんなところ?」など、地獄は知りたいことがいっぱい!!そこで、立山曼荼羅「西田家本」「最勝寺本」に描かれている地獄を中心に紹介します
案内チラシはこちら
 会  期 平成30年6月26日(火)〜9月9日(日)
 展示場所 展示館 常設展示室2階(一部) 

・開館時間 午前9時30分〜午後5時(入館は4時30分まで)
・休 館 日  月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
・臨時開館 8月12日(日)、8月13日(月)
・常設展示観覧料 300円でご覧いただけます。(70歳以上・大学生以下は無料)


当館へお越しのお客様へ
まんだら遊苑天界防水工事のお知らせ

     
 



 まんだら遊苑では、5月7日(月)より11月頃まで、天界須弥山の防水工事を行います。その間も、お客様の安全を十分に確保の上、引き続き開苑いたします。
 5月20日ごろから約一ヶ月間、解体工事のため騒音が発生する日がありますとともに、工事資材の搬入などのため大型工事車両が通行します。
 また、大変申し訳ありませんが、騒音の発生状況に伴って、やむを得ず休苑させていただく場合もあります。その際はホームページ等で広報いたします。
 ご来苑のお客様には、長期間大変ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解いただき、ご来苑いただきたくお願い申し上げます。残念ながら工事壁のため天界での記念撮影もしばらくは見合わせていただいてております。よろしくお願いいたします。


多言語音声ガイドシステムをご利用ください!
立山博物館では、スマートフォンを使って、施設や展示の内容を音声(英語・中国語(繁体字)・日本語)と文字で案内する、多言語音声ガイドシステムを導入しました。
日本人だけではなく、立山を訪れる外国人観光客の方々にも、立山の自然や歴史・文化の魅力を知っていただき、当館を楽しんでもらえると考えています。

なお、音声ガイドには、無料アプリ「みんなのミュージアムガイド」が必要です。あらかじめダウンロードしてスマートフォンをご持参ください。

好評です! たてはく出前講座
当館では、小中高校生を対象に、当館学芸員がプレゼンソフトなどを使用して立山の自然・歴史・文化などをわかりやすく解説する『出前講座』をご用意しています。
立山登山の事前学習に、また「ふるさと教育」や総合学習、遠足・宿泊学習などの際に、ぜひご利用下さい!
詳しくはこちらをどうぞ  →  出前講座について

◆学芸員ノート
黒部で新発見の鉄仏「鉄造阿弥陀如来坐像」
(辻徳法寺蔵)について
全国的にも大変めずらしい鉄でできた仏さまで、文暦2年(1235年)の在銘があります。寺伝によると、この像はかつて立山の弥陀ヶ原に祀られていた阿弥陀如来だとされています。
この鉄仏は、平成27年の『立山の至宝展』で公開されました。
また、当館発行の『研究紀要Vol22』に詳しい論考が掲載されております。(当館のフェイスブックも、ご覧下さい)


新着情報  

■2018.8.13 次回企画展解説会は8月18日(土)14時からです。
新発売!たてはくオリジナルグッズ続々登場 オリジナル缶バッジ 
  ラインナップは「ミュージアムショップ」のページへ 
■2018.7.14 いよいよ前期企画展オープンです。
ご来館をお待ちしています。
■2018.7.13 
夏の立山曼荼羅特別公開は好評開催中です。
■2018.03.06  
平成30年3月17日(土)より、「富山地方鉄道立山線」と「町営バス」の時刻表が改正されました。当館へお越しの際は、ご注意下さい。 → アクセスのページへ

常設展示


お問い合わせ著作権サイトマップ