2018年6月10日(日)
「道者衆の接待−坊家御膳の再現−」を開催!

6月2日(土)、9日(土)の両日、教算坊にて「道者衆の接待−坊家御膳の再現−」を行いました(富山県文化振興財団主催)。
 御膳をいただく前に、当館の加藤学芸員から、宿坊の役割や宿坊に泊まった道者衆への接待のお話のほか、「立山曼荼羅」の絵解き解説もありました。
たっぷり学んだ後には、「道者衆が受けただろう接待と同じ気分でお食事を」ということで、部屋を移動し、地元芦峅寺の郷土料理「つぼ煮」や山菜の天ぷら、イワナの塩焼きなど、朱塗りの御膳に盛りつけられた数々のお料理(「宿坊御膳」の再現)を、文化振興財団の男性職員によるおもてなしで味わいました。(立山では宿坊での接待も男性が行ったということなので)。
6月の道者衆の接待は、両日とも天気が良く、参加者の皆さまは、提供される郷土料理や心尽くしのおもてなしだけでなく、教算坊の庭の美しさも十分に楽しまれていました。
最後(食事の後)には、立山博物館展示館へ移動し、学芸員の解説で立山の自然と人との関わ
りを詳しく学ぶこともできますので、ご興味がある方はぜひ一度ご参加ください。
※今年度は、10月にあと2回「道者衆の接待 坊家御膳の再現」が行われますが、すでに予約で一杯となっております。来年、ぜひご参加くださいませ(募集は、来年の4月ごろです)。

2018年6月5日(火)
教算坊で青葉呈茶会が開催されましたぁ〜!

6月3日(日)、かつて宿坊だった、立山博物館の教算坊にて「青葉呈茶会」を催しました(富山県[立山博物館]・公益財団法人富山県振興財団主催)。呈茶会では、富山洗心会の皆様のご協力により、お薄茶とお菓子が無料で振る舞われます。
ほぼ毎年、呈茶会の日は晴天ですが、今年も素晴らしい陽気だったこともあって、11時の開始直後からたくさんの方がご来館してくださいました(185名参加)。
また、今年の青葉呈茶会から始めた立山博物館のボランティア会員による教算坊庭園の案内も人気でした。
秋にも「もみじ呈茶会」を開催します。114日(日)の11時から15時までです!こちらは、例年大人気の、教算坊の紅葉&イチョウが皆様をお待ちしています。もちろん、ボランティア会員による庭園案内も実施予定です。ぜひお越しください♪

カレンダー

月別記事