2019年8月4日(日)
大好評! 文化講演会「ライチョウの一年」

 8月3日()、松田勉先生(富山雷鳥研究会)をお迎えして、文化講演会「ライチョウの一年」を開催しました。現在開催中の企画展「立山ふしぎ大発見!?」でもライチョウの剥製を展示していますが、立山にすむライチョウの姿についてお話しいただきました。
 松田先生は、長年にわたる調査をもとに、行動から見るライチョウの一年や捕食者、立山のライチョウの現状、人との関わりについてくわしく、わかりやすく解説してくださいました。また、解説とともにライチョウや立山の自然を写した画像の美しさも素晴らしいものでした。
時間を感じさせないほど来場者の関心を引きつけ、「たいへん勉強になった。よい講演会だった」、「素晴らしい画像が見れて幸せだった」という声が聞かれ、大変好評でした。
 今年は、立山町にご後援いただき、立山町元気交流ステーションみらいぶ(富山地方鉄道五百石駅舎)で開催いたしました。
  参加者
54

2019年8月4日(日)
「たてはく探検隊」任務完了!

 727()、毎年恒例の夏のイベント「たてはく探検隊」が行われました。今年は、1年生から6年生まで24人の小学生が、「たてはく探検隊」隊員として、与えられる「修行」をクリアしながら「立山の宝」を求めて探検しました。
 隊員たちは、立山博物館教算坊で立山曼荼羅の絵解き解説で立山について学んだ後、企画展で「立山の不思議」を探しました。それから、閻魔堂で閻魔様の話を聞き、布橋でミニ布橋灌頂会を体験しました。午後からは、まんだら遊苑の〈地界〉・〈天界〉を探検し、かもしかへのエサやりを行うなど、すべての「修行」をクリアしました。最後に、隊員たちは力を合わせて宝箱のありかと宝箱の封印を解くキーワードを見つけ、「立山の宝」のプレゼントを手に入れました。
 今年も大いに盛り上がった「たてはく探検隊」。参加してくれた隊員の皆さんや保護者の皆様、ボランティアの方々、ありがとうございました。

月別記事