2018年2月4日(日)
初釜&芦峅寺一山会「不動明王立像」特別公開!
 旧善道坊によって護持されていた「不動明王立像」が、このたび芦峅寺に戻ってきました。そこで24日に当館教算坊にて、この像を20年ぶりに一日だけ特別公開しました。

当日はくもり空に時折晴れ間がのぞくなか、多くの見学者が教算坊を訪れ、「不動明王立像」を展示した部屋から溢れるほどでした。加藤学芸員の解説もあり、皆さん目をこらして「不動明王立像」をご覧になっておられました。(見学者75名)

また、初釜も催され、芦峅寺女性の会の方々より、お茶が振る舞われました。多くのお客様が、久しぶりの(初めての)「不動明王立像」との対面を懐かしむ(喜ぶ)とともに、おいしいお茶で心をほっこりさせておられました。

「不動明王立像」は、立山博物館前期特別企画展(714日〜92日開催)でも紹介いたします。今回残念ながら見逃された方は、ぜひ企画展にてご覧ください。
2018年1月4日(木)
新年、明けましておめでとうございます。

 新年、明けましておめでとうございます。
 立山博物館は、1月4日(木)より平成30年の営業を開始しました。朝、エントランスホールにて恒例の執務始めの式が行われました。
 今年平成30年は、明治維新150年記念の年にあたり、東海北陸道も開通10周年を迎えます。当館では、これらのテーマを取り上げた特別企画展を開催する予定です。
 昨年から引き続いて開催している冬の立山曼荼羅・特別公開展「立山の神仏と立山曼荼羅」では、明治維新の神仏分離に関わる立山曼荼羅や史料を展示しています。ぜひ、ご観覧ください。
 「戌(いぬ)年」の今年も、立山博物館は、他では感じられない「立山の魅力」を発信する、オンリーワンの博物館を目指して、ワンダフルな行事を開催し、ワンステップ飛躍したいと思います。
 皆さま本年もよろしくお願い致します。

カレンダー

月別記事