2017年7月22日(土)
企画展解説会&第二回教養講座を開催しました。

 722()午後2時から3時まで、「うば尊を祀る」の担当学芸員による解説会が行われました。

 芦峅寺の「うば尊像」と佐々成政に関わる伝説のある長野県大町市の「大姥尊像」や、芦峅寺との関わりを伝える新潟県十日町市の「大日姥婆尊像」、福井県福井市の乗久寺の「跰倉媼婆尊像」について紹介しました。分かりやすく、ユーモアを交えた解説に、参加した方々の感嘆と笑いが絶えませんでした。多くの方々が参加され、大変盛況な解説会となりました。ありがとうございました。

続いて3時から山岳集古未来館にて、吉井亮一主任専門員を講師として教養講座を行いました。剱岳登頂からナンダ・コート登頂に至る近代の富山の登山史をもとにした、近代日本の登山史について、豊富な知識と興味深いエピソードを交えて分かりやすく解説され、参加された方々およびボランティア会員の皆さんは理解を深めておられました。

 教養講座はボランティア会員の研修として開催しています。学んだ知見を、今後の活動に活かしていきたいと思います。

2017年7月17日(月)
第三回「立山曼荼羅」絵解き解説会開催!

 717(月・祝)、午後730分から830分まで、東京の日本橋とやま館にて、「とやま館ミュージアム☆ナイト 第三回『立山曼荼羅』絵解き解説会」を開催しました。

 5月、6月と開催してきた「立山曼荼羅」絵解き解説会も今回が最終回でした。今回は当館の女性学芸員が、女性の視点を交えつつ「立山曼荼羅」の絵解き解説を行い、立山信仰について分かりやすく解説しました。明るく、ユーモアたっぷりの解説に、超満員の会場は参加者の「へ~」、「ほ~」と笑いに包まれ、皆さん時間を忘れて「立山曼荼羅」の世界に浸っておられました。解説会にご参加いただいた方々、ありがとうございました。

今年度の日本橋とやま館での絵解き解説会は、今回をもって終了となりますが、今後も様々な機会を通して、立山の文化や自然、そしてその魅力を広めていきたいと思います。

2017年7月15日(土)
前期特別企画展「うば尊を祀る」始まりました!

 715()、前期特別企画展「うば尊を祀る」が始まりました!

今回の展示は「うば尊」(おんばさま)がテーマです。

立山信仰の基盤として、芦峅寺で信仰をあつめる「うば尊」へ人々が寄せた“こころ”とはどういったものだったのかを紹介します。

また、長野・新潟・福井県で祀られている芦峅寺の「うば尊」と関わりのある姥尊像が、立山博物館で初めて一堂に会します。各地のうば尊像と人々が込めた思いをご覧下さい。これらを通して、うば尊信仰が立山信仰の広がりに与えた影響に迫ります。

会期は827()までです。皆さんのご来館をお待ちしております。

担当学芸員による展示解説会を、722()812()のいずれも14:00から開催します。ぜひ、お楽しみにご来館下さい。

2017年7月13日(木)
雄山高校で出前講座を行いました

 7月12()13()の両日、雄山高校に当館学芸課員が出向いて「出前講座」を行いました。

 雄山高校第1学年の4クラスが、2クラスずつ2日間に分かれて受講されました。1時間の講座のなかで、日本人の山岳観や大伴家持と立山についての話、DVD上映と立山信仰の内容をあらわした立山曼荼羅についての話などを行いました。受講した雄山高校の皆さんは、「地獄と極楽」の話などに熱心に耳を傾け、「山中他界」や「擬死再生」などの専門用語はメモを取って聴いていました。

今回の「出前講座」が、2年次の立山登山に、少しでもお役に立てたらと思います。ありがとうございました。

出前講座の要請は随時受け付けています。小学校とともに、他の中学校、高校からの要請もお待ちしています。

2017年6月27日(火)
夏の立山曼荼羅特別公開展が開催されています!

 夏の立山曼荼羅・特別公開展「江戸城大奥と立山曼荼羅」が、6月27日(火)から開催されています。

今回は、「吉祥坊本」と吉祥坊本と模写関係にある「立山博物館D本」を紹介しています。

「吉祥坊本」は皇女和宮が寄進に関わった曼荼羅で、立山・芦峅寺の宿坊家が江戸で勧進・布教活動を行っていたことや、徳川将軍家や諸大名家の女性をはじめ、奥女中からの信仰も集めていたことを示すものとなっています。先日の全国植樹祭で来県された天皇、皇后両陛下もご覧になった大変美しい曼荼羅です。

関連資料として、芦峅寺の宝泉坊が天璋院(篤姫)や徳川家定、皇女和宮らから受けた初穂の明細帳もあわせて展示しています。

 また、8月11日(金・山の日)午後1時30分から2時30分までの予定で、芦峅寺集落に残る江戸城関連の石造物をめぐる見学会を開催します。多くの方々のご参加をお待ちしています。
2017年6月17日(土)
第二回「立山曼荼羅」絵解き解説会開催!

 617()、午後730分から840分まで、東京の日本橋とやま館にて、とやま館ミュージアム☆ナイト 第二回「立山曼荼羅」絵解き解説会を開催しました。

 江戸時代、立山信仰を全国に広めた「立山曼荼羅」の絵解き解説を行う企画で、第二回は第一回を超える人々が参加されました。

今回は、岡田学芸課長が豊富な知見と登山経験をもとに、ユーモアを交えて「立山曼荼羅」と立山信仰の世界について分かりやすく解説しました。満員の会場は、熱気にあふれ、大いに盛り上がりました。ご参加いただいた方々、ありがとうございました。

第三回は717(月・祝)に予定しております。日本橋とやま館では、今年最後の解説会となります。この機会をお聞き逃しなく、皆様のご参加をお待ちしております。

2017年6月10日(土)
道道衆の接待「坊家御膳の再現」が催されました。

 6月3日(土)、10日(土)の両日、教算坊にて「道者衆の接待『坊家御膳の再現』」が催されました。

 最初に、学芸員から江戸時代の宿坊やそこを訪れた道者衆への接待の話、そして立山曼荼羅の絵解きが行われました。次いで、山菜の天ぷらや地元芦峅寺の郷土料理「つぼ煮」や山菜の天ぷら、イワナの塩焼きなど、丹塗りの御膳に盛りつけられた数々のお料理(「宿坊御膳」の再現)を、財団男性職員が扮する「衆徒」たちのおもてなしで味わいました。(立山は江戸時代まで女人禁制であったため、宿坊では接待も男性が行った)

3日は雨交じりの肌寒い日で、教算坊の庭の美しさを十分には楽しめませんでしたが、提供される郷土料理や心尽くしのおもてなしに、お客様は心安まるひとときを楽しんでおられました。

なお、今年度はあと2回「道者衆の接待 坊家御膳の再現」が行われますが、すでに予約で一杯となっております。ご了承下さい。

2017年6月4日(日)
教算坊で青葉呈茶会を開催しました!

6月4日(日)、教算坊にて「青葉呈茶会」が催されました。かつての宿坊「教算坊」で、富山洗心会の皆様によってお薄茶とお菓子が無料で振る舞われました。

散策日和のいい陽気のなか、11時の開始直後からたくさんの方が来館され、15時までに今年は180名の方に来て頂きました!

教算坊の庭園では、やわらかい初夏の木漏れ日の中、新緑にサツキやクリンソウの花が咲き、眺めているだけでも心が洗われました。

秋にも「もみじ呈茶会」として、11月5日(日)の11時から15時まで開催いたします!こちらは、大人気の教算坊の紅葉が皆様をお待ちしています。ぜひお越しください♪

カレンダー

月別記事