2016年4月27日(水)
サクラとモミジが見頃です!

「今頃、サクラとモミジ?」と思われるかもしれませんが、遙望館前の八重桜は満開となり、見頃を迎えています。周囲の山の鮮やかな新緑や、白い雪を抱いた立山とあわせ、見事なコントラストを描いています。

 また、教算坊の庭では、モミジ(日の出あけぼの)が、黄色く色づいています。このモミジは、春の芽吹きの時期が赤色で、次第に黄色から緑と色を変え、秋に再び紅葉します。

 立博ならではの美しい景観と展示を見に、ぜひ立山博物館にお越し下さい。

2016年4月23日(土)
ボランティア役員会・総会・教養講座が開かれました。

 4月23日(土)午後1時から4時にかけて、教算坊で平成28年度ボランティア役員会・総会・教養講座が開催されました。

 今年度は、夏に展示館前で「地獄カフェ」が開催されるため、その運営を補助する活動が新たに盛り込まれました。また、昨年同様、立山駅からの無料運行バスにあわせて、展示館周辺を案内する「展示館コンシェルジュ」や「宿坊カフェ」の補助を行うことも承認されました。佐伯照代代表は、「博物館のある芦峅寺周辺を案内するボランティアにも積極的に参加してほしい」と呼びかけられました。

 第1回教養講座は、中田広幸氏が「三禅定計画書」と題して、徒歩での「三禅定」を実施するにあたって、計画を立てた時のエピソードを講演されました。

 今年度も立山の自然や歴史を自ら学び、それを多くの方々に伝えていく活動を、楽しく展開していけたら、と思います。

2016年4月3日(日)
ボランティアの方々に、教算坊の池を掃除していただきました。

 43()、ボランティアの方々にお集まりいただき、教算坊の池の清掃と、庭園の落ち葉拾いをしていただきました。

 例年、この時期はまだ教算坊の庭は雪で覆われ、ボランティアの方々には除雪を行っていただいていましたが、今年は雪が全くなく、庭では早くも雪割草が花を咲かせています。池掃除では、水を抜き、池の底やたまった落葉などを取り除き、泥などをきれいに洗い流していただきました。その間、池の鯉もしばらくバケツに引越し(?)していました。

 ボランティアのみなさん、ありがとうございました。

2016年4月1日(金)
新年度がスタートしました!

 41()、いよいよ平成28年度が始まりました。

 立山博物館では、新館長・学芸課長が着任(実は出戻り)し、さらに新しいスタッフを迎えて、新任式を行いました。また、まんだら遊苑では開苑式を行い、本年度の営業を開始しました。

 今年度、立山博物館は開館25周年を迎えます。これを記念し、特別企画展「立山×地獄」展第T部・第U部(詳しくは特別企画展のページをご覧下さい)をはじめ、様々な催しを企画しております。スタッフ一同、皆様のお越しを心からお待ちしております。

カレンダー

月別記事