2015年12月23日(水)
平成27年 執務納め

 立山博物館は、1223()をもって、平成27年の営業を終了しました。

 閉館後、エントランスホールに職員一同が集まり、執務納めが行われました。

 館長の挨拶では、今年10月にパリで布橋灌頂会が行われたこと、隠岐の高田神社で立山開山にふれた縁起が発見されたこと、鎌倉初期の鉄仏が確認されたことなどを取り上げ、「立山の歴史や文化について、空間的にも時間的にも夢が広がった年であった」と振り返られました。

 今年は北陸新幹線開業を記念した「立山の至宝展」をはじめ、特別企画展「女性たちの立山」・「立山と白山」、まんだら遊苑開苑20周年を記念した「まんだらトーク&ナイトウォーク」、文化講演会「修験の祖師と慈興上人像」、山岳映像企画2015富山「文部省、山を撮る」、坊家御膳など、盛りだくさんの行事がありました。

 今年1年、多くのお客様に支えられて、無事過ごすことができました。職員一同、感謝申し上げます。来年もよろしくお願い致します。

2015年11月29日(日)
「まんだら遊苑」が冬季休業に入りました!

 「まんだら遊苑」は、11月29日(日)をもって本年の営業を終了し、冬季休業に入りました。
 今年もまんだら遊苑では、「たてはく探検隊」や「まんだらナイト&ウォーク」などのイベントが開催され、多くの方々に来場していただきました。
 また、まんだら遊苑開苑20周年を記念して、8月21日には「トーク&ナイトウォーク まんだら遊苑の可能性をさぐる」が開催されました。
 来年度は、また新たな魅力を加えられるよう、スタッフ一同、力を合わせていきたいと思います。
 今年一年のご愛顧、ありがとうございました。来年度もご来場をお待ちしております。

2015年11月12日(木)
「教職員11年次研修」を実施しました!
         

1110日(火)〜12日(木)の3日間、教職員11年次研修として、富山第一高校の先生が当館で研修されました。最終日は石川県から団体客が来館され、3階の常設展示室で展示物の解説をしていただきました。また博物館と学校(小・中・高校)との連携について、当館職員との意見交換を行い、今後の方策として様々なアイデアをいただきました。3日間という短い期間の研修でしたが、お互い勉強になりました。今後、学校現場での益々のご活躍をお祈りしています!

2015年11月7日(土)
山岳映像企画2015富山 開催さる!
        
 

  117日(土)、山岳映像企画2015富山「文部省、山を撮る 学芸官・中田俊造の活躍」が富山県民小劇場オルビスで開催されました。日本における山岳映画の黎明期に大きな成果をのこした「文部省の山岳映画」。その製作実現に尽力したのが、現在の富山県砺波市出身の文部官僚・中田俊造です。今映像企画では、講師に中野守久氏と布川欣一氏を迎え、両講師の対談および「鹿島槍ヶ岳と下廊下」(24分)、「尾瀬」(9分)の2作品(協力:国立近代美術館フィルムセンター)の上映を通して、これまで知られてこなかった中田俊造の存在と業績について明らかにしました。

2015年11月3日(火)
ボランティア写真展「立山を愛する人びとの眼」を開催!

今年もボランティア会員の自主企画である写真展「立山を愛する人びとの眼」が教算坊で開催されました(開催期間:1024日(土)〜11月3日(火))。ダイナミックな雄山山頂のパノラマや布橋灌頂会の厳粛な雰囲気を切り取った作品、あるいは季節の表情を昆虫や植物で表現した作品など、約30点の力作がそろいました。11月1日(日)には「もみじ呈茶会」が教算坊で催され、多くの方々に写真展もご観覧いただきました。これからも立山の素晴らしさを、いろいろな角度から発信していきたいと思います。

2015年11月1日(日)
大好評!「もみじ呈茶会」

 庭園のもみじが鮮やかに色づいた11月1日(日)、教算坊にて「もみじ呈茶会」が催されました。
 当日は穏やかな秋の日差しに恵まれ、600人を超える大勢の方々が教算坊を訪れ、ちょうど見頃を迎えた木々の紅葉と、富山洗心会の方が点てられるおいしいお茶を堪能し、秋のひとときを楽しんでおられました。
 本年度の呈茶会はこれで終了となります。来年のお越しをお待ちしております。

カレンダー

月別記事