2013年12月23日(月)
今日は、年内最後の開館日でした。

12月の立博日記は、今回1本のみの掲載です。
ここ芦峅寺は、かなりの積雪量があります。年末年始は絶好のスキーコンディションとなること、間違いなしでしょう。混雑も予想されますので、ぜひ気をつけてお越しください。
さて、今日23日は年内最後の開館日でした。今年は山岳集古未来館の開館や「ナンダコート」「立山と帝釈天」といった企画展など、様々な行事や催しがありましたが、気がついてみればあっという間の1年間でした。
来年も立博ならではの企画展や催しなどを準備して、皆様のお越しをお待ちしています。また来年は3年に1度の「布橋灌頂会」が行われます。来年も立山がおもしろい!ということで、1年間どうもありがとうございました。
上の写真は、最後の開館日を終えるにあたり、高木館長が職員に対して行った挨拶の様子です。

カレンダー

月別記事