富山県立近代美術館

文字の大きさ

ホーム > よくある質問

よくある質問

| 美術館訪問を計画する際によくある質問 | バリアフリー関係でよくある質問 | このホームページへのよくある質問 | その他の質問 |

美術館訪問を計画する際によくある質問

美術館での鑑賞にはどのぐらいの所要時間が適当ですか?

展覧会の内容やボリュームにもよりますが、企画展だけでも最低30分ほどがあると鑑賞できます。常設展示も5室ありますので、美術館全体を見るには休憩時間なども含め、およそ1時間半から2時間以上滞在する計画を立てていただけると、アートとの出会いや美術館の提供する各種サービスを、ほぼ満喫していただけると考えます。

大人数でも対応してもらえるますか?

もちろんです。事前にご連絡いただけましたら、ホール(最大100名程度収容可能)でのガイダンスなどの対応が考えられます。ただあまり大人数の場合は、グループ分けをして時間をずらしながら、常設展と企画展を交互にご覧になるなどの工夫されると鑑賞をよりお楽しみいただけると考えます。解説等をご希望の場合には、事前にご相談ください。なお20名様以上の団体には、団体料金の設定があります(常設展200円→常設展団体160円)。

企画展 →ご利用案内

観覧料の割引はありますか?

観覧料については、ご利用案内(観覧料、観覧料減免基準)をご覧ください。友の会の一般会員になれば、年2回展覧会を無料で鑑賞できるほか、その他の展覧会観覧料や図録購入等でも優待制度があります。詳しくは富山近美友の会のページをご覧ください。なお、多くの展覧会では、企画展のチケットで常設展もご覧になれますので、ぜひ常設展もお見逃しなく鑑賞ください。

子どもは無料というのは本当ですか?

児童・生徒(小学生、中学生、高校生など)は一年中、無料で展覧会(企画展、常設展)鑑賞できます。お住まいの県内外は問いません。受付で“きんび・キッズ・シール”をもらって入場ください。また、学校教育・社会教育活動として児童・生徒が観覧される場合の引率者の方も観覧料は無料になります。

常設展の代表作品はなんでしょうか?

当館を代表するコレクションは、常設I「20世紀美術の流れ」のピカソ、ロートレック、ルオー、シャガールら20世紀初頭に活躍した巨匠たちや、シュルレアリスム、抽象美術など多彩な美術の展開をご紹介する作品の数々を普通は挙げております。また常設Vでは富山県出身の詩人・美術評論家、瀧口修造の作品や旧所蔵作品(瀧口コレクション)を紹介しておりますので、こちらもお見逃しなく。詳しくは常設展のページをご覧ください。

美術館内で食事はできますか?

館内の喫茶「Cafeプリズム」では、本格的な料理は出せませんが、デザートやトースト程度の軽食はご用意しています。(注文が集中する時間帯は、少しお時間をいただくことがあります。)ただし、平日の午前中や、企画展の入れ替え期間は、営業しておりませんのでご留意ください。詳しくは、「Cafeプリズム」のページをご覧ください。また、美術館から歩いていける範囲の飲食店をご紹介することもできますので、お気軽に当館受付でお尋ねください。

おすすめのお土産はありますか?

館内のミュージアムショップでは、開催中の企画展図録やこれまでのバックナンバー、当館収蔵作品の絵葉書や、その他のミュージアムグッズ等を販売しています。また、図録のバックナンバーは通信販売も承っております。詳しくは、ミュージアムショップのページをご覧ください。

ミュージアムショップ オリジナルグッズ

乳幼児連れで行ってもいいですか?

乳幼児の入館制限はありません。ただ観覧中に泣き出してしまい、周囲のお客様に迷惑がかかると判断される場合には、泣き止むまで一時、展示室から退室をお願いする場合があります。(係員にお申し出下されば、再入場は可能です)。なお、館内にはベビーシートを備えた授乳室、貸出用ベビーカー(3台)も準備されています。(託児サービスはございません。) ベビーカーの持込は通常、制限しておりませんが、館内が非常に混雑している場合には、使用を遠慮いただく場合がありますのでご理解をお願いいたします。また、スムーズな利用のコツをまとめたリーフレット(→ PDF版)がありますので、ご来館前にご覧いただくと安心かと思います。



バリアフリー関係でよくある質問

身障者用の設備はどうなっていますか?

身障者用エレベーター、オストメイト対応トイレ、授乳室、貸出用車椅子、貸出用ベビーカー(3台)を備えています。身障者専用駐車場は正面入口近くにあります。盲導犬、介助犬の同伴入場が可能です。託児室等はございませんので、ご了承ください。

→ 総合案内「フロアマップ」

障がい者手帳を持っているのですが?

福祉施設に入所している方、各種福祉関係の手帳をお持ちの方、およびそれらの引率者(ご本人と介護者1名)の観覧は、企画展、常設展ともに無料です。

→ 総合案内「観覧料減免基準」



このホームページへのよくある質問

このホームページには作品の画像が少ないようですが?

収蔵作品を広くご紹介したい気持ちは当然ありますが、現在、インターネットにおける画像の使用に関するガイドラインは、特に著作権の問題について充分に整備されていない状況です。著作権は作者の死後50年(国によってはそれ以上)存続しますので、当館の「近代美術館」という性格上、代表的な収蔵作品のほとんどはインターネット上で公開することが難しい状況です。ご理解をよろしくお願いいたします。

リンクを貼ってもいいですか?

このホームページへのリンクにあたっては、許可・承諾等は一切不要です。連絡も特に必要ありません。詳しくは、「このホームページについて」をご覧ください。

ホームページで使われている画像を利用してもいいですか?

このホームページの内容(全部か一部かを問わず)について、個人的・教育的・非商業的な(「私的利用のための複製」や「引用」などの著作権上認められた)目的の場合を除き、当館の許可なく転載、複製、改変、販売、貸与などの利用をすることはできません。詳しくは、「著作権・免責事項」のページをご覧ください。

視力がが悪いので、文字の大きさを変えてみたいのですが?

このホームページの文字の大きさが読みづらく感じられるときは、ページ上部の「文字の大きさ」で調整してみてください。またご利用のブラウザ(ホームページ閲覧ソフト)の表示設定を変更する方法もございますので試してみてください。

→富山県ホームページ「文字を大きくするには」

このホームページはいつ開設したのですか?

このウェブサイトは平成11年度(1999年12月1日)に開設しました。トップページに表示されているカウンターは、この時以来のアクセス数を通算したものです。(ただし一時、不具合によりカウンターが停止していた時期があり、その時点で確認可能だった過去の表示数からリスタートをしていますので、実数はもう少し多いと思われます。)



その他の質問

企画展は巡回しますか?

国内のほかの美術館と協力して開催した企画展の中には、他の美術館に巡回するものがあります。これらの情報はその都度、企画展のページでご紹介しています。

目当ての収蔵作品が展示されていませんが?

美しい作品を美しいまま後世に伝えるため、作品の状態保全に配慮するのも美術館の社会的使命の一つです。特に版画や日本画などの作品は一度展示したら、一定期間は収蔵庫で休ませることが必要です。そのため、展示されていない作品もありますので、ご理解ください。

展示室が暗くて作品が見づらいことがありますが?

版画や日本画など、紙が素材の作品の場合には、特に、熱や光には弱いという性質があります。また絵具の色は、熱や光によって少しずつですが確実に色あせてゆくものです。このため美術館の展示室の照明は、熱線や紫外線をカットする特殊なものを使っておりますが、それでも光量は制限せざるを得ない場合がありますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。足元には、どうかご注意いただき観賞ください。
また館内の温度や湿度の管理も作品の保存を第一に行っておりますので、展示室の環境が必ずしもお客様にとって快適に感じられない場合もあろうかと思いますが、同じくご理解くださいますよう、お願い申しあげます。

美術館以外で収蔵作品を見ることはできますか?

常設展示や収蔵品展だけではなく、さまざまな機会を捉え、県内各所で近代美術館の収蔵作品を公開しています。詳しくは館外展示事業のページをご覧ください。

太閤山ランドふるさとギャラリー ネットワーク事業 学校一日美術館

美術館職員の募集はありますか?

監視係員等のアルバイトを募集する際には、このホームページでお知らせすることがあります。また学芸員等の県職員の募集は、富山県のホームページでご確認ください。

ボランティア活動に参加してみたいのですが?

富山近美友の会の下部組織として、ボランティア「どおむの会」があります。ボランティアの募集は不定期に行っています。募集があるときは、ホームページでもご案内します。

富山近美友の会ホームページ

学芸員の資格を取るために、実習を受けたいのですが?

毎年、各大学から若干名の学芸員実習生を受け入れしております。実習受け入れの要請は、最終的に各大学からしていただくことになりますが、いきなり申し入れがあっても受け入れられるとは限りません。受け入れ決定は先着順ではありませんが、実習希望の学生の方は、できるだけ早く電話でお問い合わせください。(連絡先を明記しないメール等での問い合わせには、お答えできない場合がありますのでご留意ください。)

学校教育との連携 「博物館実習」「職場体験」などの受け入れ

開館時間:9:30-18:00
休館日:毎週月曜・祝翌日

美術館マスコットキャラクター「ミルゾー」
ミルゾーについて

携帯・音声読上対応サイトへ
携帯電話版はこちらから