1. Home
  2. 展示

展 示

特別展 「旧石器時代とはどのような時代だったのか!」

 本展示では、厳しい寒さの中、県内から出土した旧石器を公開するほか、 旧石器人はどのように暮らしていたのか、周辺の自然や動植物などの環境は どうであったかなど、今わかっている考古学の研究成果を通して紹介します。

期 間 平成30年10月5日(金)~平成31年3月21日(木)
    
休館日: 金曜日 11月26日(月)12月28日(金)~1月4日(金)
     11月23日(金・祝)は開館します。     

【主な展示内容】
  Ⅰ 旧石器時代の自然環境
    ナウマンゾウやオオツノジカが歩く、ハイマツやシラカバの森。
    寒冷世界の動植物についても迫ります。
  Ⅱ 富山県の旧石器
    直坂l遺跡、ウワダイラl遺跡をはじめ主要な遺跡から出土した
    旧石器を展示します。
  Ⅲ 旧石器人のくらし
    当時の衣食住を立体復原!?
    体感できる旧石器ワールドで楽しく学ぼう。
  Ⅳ 旧石器研究最前線
    沖縄県白保竿根田原洞穴遺跡での発掘成果や
    福井県水月湖の年縞による年代測定など、
    最新の研究成果を紹介します。
 


クリックして拡大


クリックして拡大


常設展 「小竹貝塚展」

 北陸新幹線の建設に伴い調査された小竹貝塚。日本海側最大級の貝塚での約6000年前の私たちの祖先のなりわいと、 91体の縄文人骨から復元された小竹縄文人の姿や彼らの生活の一風景など、最新の情報を基に展示します。

※休館等詳しい日程は年間スケジュールでご確認ください。
場 所: 当センター 収蔵展示室
入場料: 無料


28号人骨

28号頭骨レプリカと
復顔模型