1. Home
  2. 展示

展 示

開所40年記念特別展 遺跡保護のあゆみ
 ―富山県40年間の発掘調査で解き明かされてきた歴史の数々―

 富山県埋蔵文化財センターは本年度、開所40年を迎えます。当センターのあゆみは、 本県の発展を支えた高速道路など開発事業に伴う緊急発掘調査の歴史であり、境A遺跡や 小竹貝塚などの発掘調査は、本県のみならず日本の歴史を紐解く上で重要な発見となりました。 この展示では、当センターが行ってきた歴史解明の成果などに触れていきます。

期 間 平成29年10月6日(金)~平成29年3月22日(木)
    
休館日: 金曜日 11月6日(月)、年末年始12月27日(水)~1月4日(木)
     ただし、11月3日(金)は開館     

【主な展示内容】
 ○こんな施設の下に遺跡があった・・・
  あなたは知っていましたか?
  「太閤山ランドプールの下が遺跡であったことを(上野赤坂A遺跡)など
 ○日本の歴史に影響を与えた私たちの40年の調査成果
  私たちの誇り。ヒスイの流通を解明した境A遺跡の発掘 など
 ○発掘調査とはなんだろう
  展示室に再現された発掘現場(実物大のジオラマ)
 


クリックして拡大


クリックして拡大


常設展 「小竹貝塚 縄文人の世界」

 北陸新幹線の建設に伴い調査された小竹貝塚。日本海側最大級の貝塚での約6000年前の私たちの祖先のなりわいと、 91体の縄文人骨から復元された小竹縄文人の姿や彼らの生活の一風景など、最新の情報を基に展示します。

※休館等詳しい日程は年間スケジュールでご確認ください。
場 所: 当センター 収蔵展示室
入場料: 無料


28号人骨

28号頭骨レプリカと
復顔模型