氷見市で『農事組合法人 大浦営農組合』が設立


 

            12月22日、氷見市内7番目の集落営農法人『農事組合法人 大浦営農組合』の設立総会が開催されました。
            当法人は、平成20年に設立された大浦営農組合が、狭小な湿田を大区画の汎用ほ場へ転換する『経営体育成基盤整備事業』を契機として、
          大区画ほ場に対応した効率的かつ発展的な農業経営を行うため、検討を重ね、組合員89名、経営面積53haで法人化に至ったものです。
            今後は、地域農業の担い手として、更なる発展が期待されます。


 
中本代表理事の挨拶
中本代表理事の挨拶



(農)青井谷営農組合
(農)大浦営農組合の皆さん







トップページへ戻る