「かぐやの竹舟号」を運行しました。


 

 7月3日(水)氷見市指崎地内で「かぐやの竹舟号」を運行しました。
「かぐやの竹舟号」は、とやまの森を守るため、地域住民やとやま竹資源ネットワーク、企業(中越パルプ工業梶j、県が協力をして、
近年放置された竹林から竹を回収してトラックで運搬するものです。
竹材を紙パルプ原料として利用する中越パルプ工業鰍ェ、地域貢献として無償でトラックを運行し、地域の方は中越パルプ工業鰍ノ竹材を無償で提供しています。
トラックへの竹材積み込み作業後、中越パルプ工業鰍ゥら氷見市指崎地区の代表の方に、竹パルプ100%のノートが贈呈されました。


 
伐り出し作業
森から竹の伐り出し


通常は運搬にコストが掛かる
トラックへの積み込み


チップ工場へ運搬
積んだ竹を固定


竹がノートに変わり
竹100%ノートを贈呈






トップページへ戻る