小矢部市蟹谷中学校3年生が学校林の下草刈活動を行いました。


 

 7月2日(火)小矢部市蟹谷中学校3年生36人が、森の役割について学び、森林保全を図るために、学校林の下草刈りを行いました。
同校は、県の「とやまの森づくりサポートセンター」に団体登録しており、これまでもコナラやクヌギなどの苗木を約140本を植栽しています。
学校林は校舎から約5km離れた場所にあり、この日は暑い1日になりましたが、中学生の元気な声が森に響きわたり、学校林はすっきりとした姿になりました。


 
いざ出陣
鎌を受け取り作業現場へ


鎌を使って作業中
下草刈り作業


暑い1日でした
作業終了後、全員で記念撮影


森よありがとう 三唱
閉会式(お疲れ様でした)






トップページへ戻る