氷見市湖南小学校の4年生が、田んぼの生き物調べを行いました。


 

7月4日、氷見市湖南小学校で、4年生38名が、同市寺飯久保地区の住民でつくるグループ「寺飯久保資源保全協議会」、
氷見市教育委員会の学芸員県と高岡農林振興センター企画振興課の指導の元、田んぼの生き物調べを実施しました。
この取り組みは、学校周辺の農業用排水路の水質調査(簡易測定器(パックテスト)PH、COD)や生息する「シジミ、カワニナ、ヤリタナゴ」等
を採捕し、生息域の個体数や環境の変化を調べるために実施しているものです。


 
学芸員
学芸員からの説明


水質調査
水質調査のための水くみ


生き物採捕
生き物採捕


生き物観察
生き物観察






トップページへ戻る