な行

認定農業者(制度)
にんていのうぎょうしゃ

農業経営基盤強化促進法に基づく制度。経営改善を図ろうとする農業者が自ら農業経営改善計画を作成・申請し、@市町村の基本構想に照らして適切であり、Aその計画の達成される見込みが確実で、B農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切である、との基準に適合する農業者として、市町村から認定を受けた者。

農業改良資金
のうぎょうかいりょうしきん

農業の担い手が農業経営の改善を目的として、その自主性や創意を活かしつつ、都道府県知事から貸付資格の認定を受けた農業改良措置(新たな農業経営部門への進出、新たな先駆的技術の導入等)に取り組む際に必要な資金を無利子で貸し付ける制度資金。

農業環境規範
のうぎょうかんきょうきはん

土づくりの励行、適切で効果的・効率的な施肥、効果的・効率的で適切な防除、家畜排せつ物法の遵守、エネルギーの節減等、農業者が環境保全に向けて最低限取り組むべき事項をまとめたもの。農業者自らが生産活動を点検し、改善に努めるためのものとして策定。


農業近代化資金
のうぎょうきんだいかしきん

JA等民間金融機関からの融資に、国及び都道府県が利子補給することにより、農業機械・農業用施設・長期運転資金などの中長期資金を低利で融通する制度資金。


農業経営改善計画
のうぎょうけいえいかいぜんけいかく

農業経営基盤強化促進法に基づく認定農業者になるために市町村に提出する計画。農業経営の現状、5年後に実現を目指す農業経営の改善に関する目標、目標を達成するためにとるべき措置等を記載する。

農業経営基盤強化準備金
のうぎょうけいえいきばんきょうかじゅんびきん

産地づくり交付金や水田経営所得安定対策関連の各種交付金の一部を農業基盤強化準備金として積み立てることができる制度のこと。一定の要件を満たす認定農業者等が利用できる。

農業生産法人
のうぎょうせいさんほうじん

農業経営を行う法人のうち、農業及びその付帯事業を専業とするなど、農地法に定める一定要件を満たす農事組合法人、有限会社、株式会社等。農地の所有権や賃借件が認められている。

農業・農村のもつ多面的機能
のうぎょう・のうそんのもつためんてききのう

国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、良好な景観の形成、文化の伝承等農村で農業生産活動が行われることにより生ずる食料その他の農産物の供給の機能以外の多面にわたる機能。

農事組合法人
のうじくみあいほうじん

農業協同組合法に基づき3人以上の農民が発起人となって設立される法人。農業の経営、共同利用施設の設置、作業の共同化に関する事業を行う。

農地・水・環境保全向上対策
のうち・みず・かんきょうほぜんこうじょうたいさく

品目横断的経営安定対策(現 水田経営所得安定対策)の導入に併せ、地域の共同活動により、農地・農業用水等の資源や環境の保全を図る新たな対策で、平成19年度から導入されている。

農地の流動化
のうちのりゅうどうか

農地の権利移動のこと。貸借(賃借権利用権の設定・移転)、売買(所有権の移転)による移動のこと。経営規模を拡大したい農家や農業生産法人に対し、効率的な生産ができるように農地の権利移動を促進すること。

農薬取締法
のうやくとりしまりほう

農薬について登録の制度を設け、販売及び使用の規制等を行うことにより、農薬の品質の適正化とその安全かつ適正な使用の確保を図り、農業生産の安定と国民の健康保護に資するとともに、国民の生活環境の保全に寄与することを目的とした法律。