な行

なだれ防止林

なだれぼうしりん

森林のある斜面ではなだれが起きにくいことから、古くから「雪持ち林」などとも呼ばれています。しかし、いったん森林がなくなると毎年なだれが起き、新たな森林が育ちにくいことから、治山事業ではなだれを止めるための鋼製の柵などを設置し、これとあわせて、スギやブナなどの雪に強く大きくなる木を植えています。

農業基盤整備

のうぎょうきばんせいび

農業基盤整備には、生産基盤整備と生活基盤整備があります。生産基盤では、ほ場整備・用排水・農道・暗渠排水など、農業の生産性を向上させるための整備を行っています。生活基盤では、集落道・集落排水・集落防災・活性化施設・農村公園など、農村居住者の生活を向上させるための整備を行っています。

農業生産基盤

のうぎょうせいさんきばん

農業生産を行うための基盤となる施設(水路や農道など)やほ場(水田、畑)のことです。

農地転用

のうちてんよう

こちらへどうぞ

農用地区域

のうようちくいき

農振法(農業振興地域の整備に関する法律)に基づき市町村が都道府県の認可を受けて、今後長期にわたり農業上の利用を確保すべき区域として農業振興地域整備計画に定めている区域のことです。

この他に、都市計画法によって定められた都市計画区域のうち、すでに市街地を形成している区域及び今後優先的かつ計画的に市街化を図るべき「市街化区域」や、原則として開発が抑制されており、一定規模以上の計画的開発を除き市街化が抑制されている「市街化調整区域」があります。