は行

バイオマス
ばいおます

「再生可能な生物由来の有機性資源で化石資源を除いたもの」。バイオマスは、太陽のエネルギーを使って、無機物である水と二酸化炭素から、生物が光合成によって生成した有機物であり、ライフサイクルの中で、生命と太陽エネルギーがある限り持続的に再生可能な資源。

普及指導員
ふきゅうしどういん

従来の専門技術員と改良普及員とを一元化し、平成17年4月から都道府県に設置された職員。高度で多様な技術・知識をより的確に農業現場に普及していくために、専門の事項又は普及指導活動の技術及び方法についての調査研究と農業者への普及指導を併せて実施。

ポジティブリスト制度
ぽじてぃぶりすとせいど

平成18年5月に食品衛生法の改正により導入された制度で、残留基準の設定されていない農薬が一定量以上残留する食品の流通を禁止することをいう。この制度により、今まで残留農薬基準がない農薬にも0.01ppmという検出限界数値が設定された。