保安林とは?

森林には「水をはぐくみ洪水を防ぐ」「山崩れやなだれなどの災害を防ぐ」「森林レクリェーションなど生活にゆとりと潤いを与える」「名所・旧跡などの風景を醸し出す」など様々な働きがあります。

国や県では、こうした森林のうち、私たちの暮らしを守るために特に重要な役割を果たしている森林を「保安林」として指定しています。

このような保安林ではその働きが失われないように、@立木の伐採規制A伐採跡地への植栽を義務付けB土地の形質の変更規制など行為に制限を設けたり、保安林として期待される働きが維持・発揮できるよう、治山事業を実施しています。

また、その保安林となった森林の所有者に対しては、先のような行為制限がかけられることから、所得税や相続税などの税制上や、森林施業に対する補助金・融資の優遇措置が講じられます。

なお、森林の働きは「水をはぐくみ」ながら「土砂災害を防ぐ」など、複数の働きを同時に持つのが特徴ですが、保安林の指定を行う場合は、その中でも特に期待される働きを目的に以下の17種類に分けて指定を行っています。(保健保安林などは兼種指定する場合もあります。)

保安林一覧

保安林種

目的(働き)

水源かん養保安林

流域に降った雨を土壌に蓄え、ゆっくりと川に流すことで、安定した川の流れを保ち、洪水や渇水を緩和する働きがあります。また、きれいでおいしい水をはぐくむ効果もあります。

土砂流出防備保安林

樹木の根と地表を覆う落ち葉や下草が、雨などによる表土の浸食、土砂の崩壊などによる土石流の発生を防ぎます。

土砂崩壊防備保安林

樹の根が張りめぐらされることで山崩れを防ぎます。

飛砂防備保安林

砂浜から飛んでくる砂で、人家や道路、田畑が埋まるのを防ぎます。

防風保安林

強い風から田畑や人家を守る緑の壁となります。

水害防備保安林

洪水により氾濫した水の流れを弱めるとともに、流れ出した木などを捕らえて被害が拡大するのを防ぎます。

潮害防備保安林

津波や高潮の勢いを弱め、人家などへの被害を防ぎます。また、潮風による作物の被害を防ぐ働きもあります。

干害防備保安林

簡易水道などの水源の水がかれるのを防ぎ、また、きれいな水を供給します。

防雪保安林

吹雪から道路や鉄道を守ります。

防霧保安林

樹の葉が霧の粒を捉え移動を抑えることで、農作物への被害を防いだり交通の安全を確保します。

なだれ防止保安林

樹の幹が雪の移動を抑え、なだれの発生を防ぎます。また、万一なだれが発生した場合でも、その勢いを抑えることで被害を防ぎます。

落石防止保安林

樹の根で岩石を固定します。また、落石が発生しても樹の幹で途中で止めたり勢いを弱めることで被害を防ぎます。

防火保安林

燃えにくい樹種を配置することで、山火事などの延焼を防ぎます。

魚つき保安林

水面に木陰をつくったり、流れ込む水の汚濁を防いだり、栄養分豊かな水を供給するなどして、沿岸部や川岸の魚の生育環境を整えます。

航行目標保安林

海上の船舶の航行の目印として、海上交通の安全を確保します。

保健保安林

森林レクリェーション活動の場として、生活にゆとりを潤いを供給します。また、空気の浄化や騒音の緩和など、生活環境を守る働きもあります。

風致保安林

名所や旧跡と一体となった、趣のある風景を醸し出します。

 
山村の暮らしを守る保安林
土砂災害を防ぐ保安林
海からの潮風被害を防ぐ保安林