治山事業と砂防事業のちがいは?

ひとことで難しく言うと、「森林法に基づき保安林内で行う」のが治山事業で、「砂防法に基づき砂防指定地で行う」のが砂防事業です。

やや易しく言うと、「水資源のかん養や山地災害を防ぐための森林を維持・造成する」のが治山事業で、「河川からの流れ出した土砂で人の命や財産が奪われることを防ぐ」のが砂防事業です。

どちらも山あいの渓流や急峻な斜面で行われる工事として共通点も多いのですが、最も大きなちがいは、治山事業では森林を造成する植栽工事や、森林を健全化するための下草刈りや間伐などの作業も行っていることです。

また、同じ土石流災害を防ぐという目的であっても、治山事業で設けるダムは、その周辺の森林を守ることで、ダムと森林の土砂流出防止機能を一体的に発揮させることを目的としているため、ダム本体のみで土砂の流出を止めることを目的とした砂防ダムよりは小規模なものとなります。

なお、近年では、砂防事業においても、河畔林(植生)の土砂固定機能に着目したり、自然環境に配慮し緑化工を併用した工法なども採用されています。

 

崩れた山肌をもとの森林に戻す山腹工事。

山腹工事ではこのように木を植えて森林を造成します。

治山ダム周辺にも木を植えて森を造成します