人工林と天然林

人が植えて育てた林を人工林、人の手が入らずに自然の力で成立しているのが天然林と言えます。(他の定義もあります。)

しかし、このほかにも呼び方として、二次林とか自然林というものがあります。

二次林というのは、人の行為等(主に伐採利用)により天然林が改変を受け、その後に自然力により別の構成の林が成立しているものです。里山林と呼ばれるものはこのタイプに含まれます。

自然林というのは、近年の呼び方で、かつては里山の二次林として人間の利用の対象となっていたが、いつか人の利用がなくなり、自然状態になっている林と言う意味でしょうか。

時間軸で整理すると以下のようになります。

@      天然林または自然林→伐採→植栽→人工林→伐採→植栽→人工林

A      天然林→利用または自然のダメージ→二次林→利用→二次林

B       二次林→放置→自然林
 
 天然林
 
 人工林