愛本橋の歴史

現在の愛本橋は、昭和44年の豪雨で流失したものを災害復旧で架け替えしたものですが、その流失した橋の前の前、現愛本橋の3代前の橋は「刎橋(はねばし)」と呼ばれる造りで、「山口県錦川・錦帯橋」、「山梨県桂川・猿橋」、と並び日本三大奇橋の一つと言われていました。現在は、「愛本橋」が架け替えにより刎橋でなくなったので三大奇橋ではなくなり、「徳島県祖谷・かずら橋」または「栃木県大谷川・神橋」がその一つと言われているようです。

 

現愛本橋

 

             愛本刎橋の模型