農業用水の役割

農業用水は、大きく分けると2つの役割があります。ひとつは、農産物を育てるためのかんがい用水としての役割です。もうひとつは、生活用水や防火用水などとしての役割もあります。この農業生産以外に機能を持つ用水を地域用水と呼び、次のように使われています。

l        生活用水
水道が完備されていない時代は、飲料水や洗濯水として広く使われていました。現在も上水道の水源として使われています。

l        消流雪・防火用水
冬に除雪した雪を流したり、火を消し止める防火用水としても使われています。

このように、たくさんの働きをする農業用水ですが、この水を一年中流しつづけるためには、用水路の草刈やたまった泥を取り除いたり、そして、安全に流れているか点検したりする必要があります。

 

採れた野菜を洗う用水

 

雪を流す用水