農業・農村整備ってどんなことをするのですか?また、それをするとどんな効果があるのですか?

農業・農村整備は、農業を支援するため、農業の生産基盤、農村の生活環境、農地等の保全管理などの整備を行っています。

具体的には、古くなった水路や十分に整備されていない水田を整備して、農業生産の安定供給に努めています。

また、都市住民との交流を図るための施設を作って、農村環境の改善に努めています。

そして農業・農村を整備することによって、食料を安定的に供給するほか、主に次のような効果があります。

l        県土の保全効果
水田は一時的に雨水を貯めて、洪水流量の調節の役割をします。この水田の畦畔を高く直すことで、雨水を貯める量をふやすことが出来ます。(水田の洪水防止機能という。)

l        自然環境の保全効果
水田は、農業用水を地下に浸透させ、地下水の安定供給の役割もします。(水田の地下水涵養機能という。)

l        生活環境の改善効果
農業用水は、通学路や宅道の消雪や防火の水源の役割もあります。(地域用水機能という。)

そのほかにも、いろいろな効果があります。