白岩川の歴史
大雨・洪水 
河川改修状況
ダム建設状況
戦前
(昭和20年以前) 
   河口近くのごく一部を改修した程度     
戦後     昭和21年より河口から大岩川合流点までの河川改修が始まる    
昭和27年7月1日 洪水
床上浸水3,600戸
農地水害1,600ha
昭和28〜35年にかけて大岩川合流点より上流約6kmが災害土木助成事業として改修される    
昭和39年         白岩川ダム予備調査開始
昭和42年         実施計画調査開始
昭和44年8月11日 大雨
立山町伊勢屋で時間雨量81mm
県東部の被害大
栃津川(支川)の洪水を常願寺川へ分水する放水路が計画される    
昭和45年         白岩川ダム建設開始
昭和49年10月         ダム完成
平成7年6月   栃津川放水路完成  
平成10年8月7日 大雨
白岩川ダムで時間雨量61mm
下流の被害はほとんど無かった
昭和45年より富山市水橋地内の河川改修が進められている ダム完成後、最大の時間雨量を観測