室牧ダムの概要


1)室牧ダムの概要

 一級河川神通川支井田川(大長谷川、室牧川含む)は県中央部に位置し、その源を岐阜県楢峠に発し、富山市(旧八尾町) 近郊で野積 川、別荘川、久婦須川の諸支流と合流、婦負の穀倉地帯を流下し、さらに山田川と合流して神通川に流れる、流路延長44.9km、流域面積435.8km2 の河川です。

 井田川流域は、ひとたび氾濫すれば富山市(旧八尾町、旧婦中町)の5,600haに被害をもたら し、 さら に流域農地3,000haの大半が恒常的な水不足となっていました。

 このため、富山県は井田川総合開発計画の一環として室牧ダムを計画し、洪水調節・既得取水の安定 化・発電を目的とした多目的ダムを築造することとなり昭和33年から4年の歳月をかけて完成しました。

 この計画では、井田川本川のほか、隣接河川である百瀬川からも水を取り入れ、本川水量と合わせて発 電や渇水補給に有効利用し、百瀬川から取水した分は再び山田川へ戻しています。

 室牧ダムは、昭和36年に竣工して以来、洪水や渇水に対して効果を発揮し、流域の人々の生活を守っ ています。


 
 
 
2)諸 元
位  置   (右岸) 富山県富山 市八尾町蒲谷 貯水池諸元
        (左岸) 富山県富山 市八尾町小谷北原 集水面積 直接   85.2km2
竣工年 昭和 36年10月 間接 43.1km2 128.3km2
調査・ 建設期間 (調 査) 昭和27年〜32年 湛水面 積 0.71km2
  (建 設) 昭和33年〜36年 総貯水 容量 17,000,000m3
目的 洪水調節、 既得取水の安定化、発電 有効貯 水容量 13,500,000m3
総事業 費 1,380,000 千円 堆砂容 量 3,500,000m3
ダム諸元 洪水調節
型式 ドーム 型アーチ式コンクリートダム 洪水調 節容量 6,000,000m3
堤高 80.5m 治水安 全度 1/40
堤頂長 153.1m 氾濫防 止面積 5,570ha
堤頂巾 4.0m 既得取水の安定化
堤体積 54,500m3 容量 6,000,000m3
ダムサ イト地質 安山岩 かんが い面積 2,100ha (旧八尾町、旧婦中町)
放流設備 発電
コン ジェットゲート ロー ラーゲート 2.88m×4.11m×2門 発電容 量 13,500,000m3
クレス トゲート ロー ラーゲート 4.60m×12.0m×2門 発電所 名 室牧発 電所(県企業局)
コース ターゲート ロー ラーゲート 3.67m×3.81m×2門 発電方 式 ダム水 路式

 


 
 
 
 3)貯水池容量配分図
      

 
 



 

ダムの概要 ダムの目的 ダムの運用 ダムの管理1 ダ ムの主要な管理設備