イタイイタイ病とは

イタイイタイ病は、富山県の神通川流域で起きた日本の四大公害病の一つで、 患者が「イタイ、イタイ」と泣き叫ぶことからこの名が付いたといわれています。

この病気は、大正時代頃から発生し、神岡鉱山(岐阜県飛騨市)から排出されたカドミウムが神通川の水や流域を汚染し、 この川水や汚染された農地に実った米などを通じて体内に入ることで引き起こされました。

患者はもちろん、その家族や地元の住民たちもつらくて苦しい日々が長い間続きました。 裁判では住民側が勝訴しましたが、患者救済や健康調査は今もなお行われています。 汚染された環境については、被害の克服に向けた長年にわたる努力によって、今では美しい水と大地がよみがえっています。