ホーム > お知らせ > 薬事研究所研究成果発表会を開催しました

薬事研究所研究成果発表会を開催しました

平成29年2月13日(月)、富山県民会館(富山市)で薬事研究所研究成果発表会を開催し、竹林主任研究員が「県内医薬品製造業者の分析データ信頼性確保事業−医薬品産業の品質管理技術力向上を目指して−」の題で、宮本主任研究員が「ワクチン用新規アジュバント開発のための基盤研究」の題でそれぞれ成果発表を行いました。
また、その概要が新聞に掲載されました。

また、本発表会終了後に同会場にて開催された、第36回家庭薬開発シンポジウムにおいて、「富山県薬事研究会」の各部会における共同研究の成果を発表しました。

<分析部会>2題
・「医薬品試験の効率化に関する検討(第4報)
  −グラジエント法を用いた 解熱鎮痛薬成分の析法検討−」
  テイカ製薬株式会社 森元 久美子 氏
・「HPLC法の分析時間短縮に関する検討(第9報)
  −八味地黄丸エキス・牛車腎気中のロガニン分析−」
  株式会社廣貫堂 黒崎 之予 氏

<製剤部会>1題
・「シクロデキストリンを用いた苦味マスキング法の検討と評価(第2報)」
  キョーリンリメディオ株式会社 菅原 崇 氏

ページトップへ