トップトピックス>動物用医薬品残留検査の流れ

安全・安心な食肉の提供のために

動物用医薬品残留検査の流れ
 食肉検査所では、食品衛生法に基づき、食肉中の動物用医薬品の残留検査を行なっています。
 まず、結果が一日で判明する簡易検査を行ない、簡易検査で残留が疑われたものは精密検査を行なっています。精密検査で陽性となったもの(食品衛生法で定められた基準を超えたもの)は、廃棄され、流通しません。

残留検査の流れチャート図  
さらに、詳細な結果判定方法を知りたい方へ
動物用医薬品残留検査結果の解説(PDF:20.7KB)