トップ>調査

調査



富山県食肉検査所では、と畜検査以外にも安全・安心な食肉を提供するために様々な検査を行っています。また各々の検査員が、と畜場における衛生管理状況の把握や検査技術の向上を目指し、調査・研究に取り組んでいます。



残留動物用医薬品の検査
厚生労働省の定めた残留抗生物質の検査のほか、富山県では独自に残留抗生物質、合成抗菌剤および残留駆虫薬の検査も行っています。残留が認められた場合は、食品衛生法に基づき、廃棄処分となります。
動物用医薬品検査の流れ

<最新版>動物用医薬品検査計画

<最新版>動物用医薬品検査結果



ふき取り検査
食肉に起因する食中毒を防止するため、食肉を衛生的に取り扱うことを監視・指導を強化する必要があります。と畜場における衛生状況を把握し、指導に役立てるために次のような検査を行っています。
微生物検査
枝肉および肝臓表面の微生物検査を行っています。また施設や運搬車両についても行っています。

GFAP(グリア線維性酸性タンパク質)残留検査
GFAPは脊髄組織に多く含まれるタンパク質です。BSEにおける特定危険部位である脊髄による汚染を調べる指標となります。




調査・研究
安全安心なお肉をご提供するために、と畜検査・食品衛生等に関する調査研究をし、成果をまとめ学会や学術誌に報告しています。これらの研究は、と畜場における衛生状況の把握や向上や、と畜検査の技術向上のために共有されます。
→過去の調査・研究の内容(平成27年度 平成26年度 平成25年度