トップ精密検査>微生物検査

微生物検査  病気がない・薬が残ってない・汚れてない

 
 微生物検査ではと畜現場で全身性の感染症を疑う場合に、分離培養や、必要に応じて遺伝子学的検査(PCR)を行い原因菌を特定します。また枝肉や肝臓などが、食中毒を起こす細菌(O157・サルモネラなど)に汚染されていないか定期的に調べています。

 
分離培養と菌の観察

 家畜の臓器(心臓・肝臓・腎臓など)や筋肉、あるいは膿瘍から 病気の原因となる細菌を検出します。細菌はグラム染色を始め様々な染色をし、顕微鏡で観察します。。
  •  

細菌検査の様子

 
細菌の同定

  • 性状培地や同定キットを用いて、生化学性状を調べます。鏡検結果やコロニー性状とあわせて原因菌を同定します。
  • ◇多く検出される細菌
  •  Arcanobacterium pyogenes
  •  Streptococcus sp.
  •  Erysipelothrix rhusiopathiae
  •   (豚丹毒菌)

鏡検結果(Arcanobacterium pyogenes)