トップ>3つのないこと

安全な食肉3つのないこと
食肉衛生検査の3本の柱
1. 病気がないこと
2. 薬が残ってないこと
3. 汚れてないこと
1病気がないこと
牛や豚など食用となる家畜について全て、病気の有無を検査しています。
一見健康そうでも家畜はいろんな病気を持っている可能性があります。そこで、一頭づつ検査して、病気があった場合、その部分(病気によっては全部)を廃棄しています。

・適用法令:と畜場法
2薬が残ってないこと
食肉中に動物用医薬品等が残留していないか検査しています。
家畜には、出荷されるまで各種の動物用医薬品(抗生物質、寄生虫駆虫薬等)が使用されていることもあり、それらが残留していないか検査しています。基準を超えて検出された食肉は廃棄され、食用にはなりません。

・適用法令:食品衛生法
3汚れていないこと
本来、家畜の筋肉には微生物は″0(ゼロ)″の状態ですが、食肉になる過程で少なからず汚染を受けることもあります。このため、施設内の器具、機械はもちろんのこと、枝肉等についても定期的に細菌検査を行い、微生物による汚染の状況をチェックし、安全で衛生的な食肉の提供に努めています。

・適用法令:と畜場法・食品衛生法