富山県心の健康センター
トップページ 事業紹介 相談・診療 デイ・ケア ストレス関連 こころの健康ミニ講座 福祉のてびき お知らせ リンク集
こころの健康ミニ講座
 
   睡眠障害

睡眠障害には、以下のような疾患があります。

1 不眠症
   健康維持に必要な睡眠時間が不足して、日常生活に支障をきたし、自覚的にも悩んでいる状態です。不眠症には入眠障害(なかなか寝つけない)、中途覚醒(夜 中に何度も目が覚めてしまう)、早朝覚醒(朝早く目覚めてしまう)、熟眠障害(眠りが浅い)などがあります。精神的緊張や不安による不眠症が最も多く、眠 ろうと意識的に努力することで、かえって神経が興奮して眠れなくなります。精神疾患の初期には、不眠だけが訴えられることがあります。うつ病や統合失調症 では、睡眠薬だけ服用しても不眠は改善しません。

2 過眠症
 睡眠を十分にとっているのに、昼間の眠気が強いものです。ナルコレプシーが代表的で、急に睡魔に襲われて眠ってしまう睡眠発作、笑ったり、驚いたりする と身体の力が抜ける情動脱力発作、眠り際の金縛りや怖い夢が特徴です。30分程度の仮眠と薬物療法が有効です。

3 概日リズム睡眠障害
 睡眠覚醒リズムの障害で、睡眠の時間帯がずれるもの。思春期、青年期に多く、朝起きられず、遅刻、欠席が増え、社会生活に支障をきたします。寝 る時間が遅くなる睡眠相後退症候群や毎日、寝る時刻と起きる時刻が一定時間(1時間程度)遅れていく非24時間睡眠覚醒症候群などがあります。治療は、起 床直後の高照度光療法により、生体リズム(体温やホルモンのリズム)を早めるようにします。

4 睡眠時異常現象
 (1)睡眠時遊行症と夜驚症
  学童期に多い。前者では、睡眠中に起き上がって歩き回ります。数分で寝床に戻り、再び眠ります。本人はそのことを覚えて いません。深い睡眠 の時に起こり、夢とは無関係です。後者は睡眠中に突然現れる恐怖発作で、泣き叫ぶ、しがみつくなどの 行動が数分続きます。興奮するような遊びを夜にしな いとか、怖がる状況を避けるようにします。薬物療法も有効です。
 (2)レム睡眠行動障害
  一見健康な中高年に睡眠中、激しい寝ぼけ様の発作が現れるもの。レム睡眠期に叫ぶ、泣く、笑う、寝言を言う、殴る、蹴る 、立ち上がって動き 回るなどの異常行動が突然出現します。20〜30分持続後、再び眠ります。覚醒後、悪夢を見ていたと回想 することが多いようです。薬物が有効です。
 (3)むずむず脚症候群
  高齢者に多く、安静時に下肢にむずむずとじっとしていられない感覚が起きます。離床して歩き回ると楽になりますが、再び床 に就くとまた感覚異常が生 じます。薬物が有効です。
 (4)睡眠時無呼吸症候群
  10秒以上の無呼吸が、7時間以上の睡眠中に30回以上出現するものをいいます。無呼吸の自覚は少ないのですが、睡眠が 中断されるため、眠 りが浅くなり、昼間、耐えがたい眠気が生じ、気力や集中力が低下し、交通事故や仕事上のミスを起こしや すくなります。また、高血圧、不整脈などの発症や 悪化の要因となるため問題視されています。上気道の閉塞による閉塞性無 呼吸と中枢性機能不全による中枢性無呼吸に大別されます。
  @閉塞性無呼吸
   肥満して大きないびきをかく人に多いようです。治療としては、肥満者では減量する。側臥位で眠る習慣をつける。睡眠薬、  寝酒は無呼吸を悪化させ るため禁止。持続陽圧呼吸療法や下顎前方固定法などの気道の閉塞を防ぐ治療法があります。
  A中枢性無呼吸
   脳器質性疾患や循環器系疾患を背景に起こります。呼吸運動自体が停止するため、いびきは見られません。治療としては  持続陽圧呼吸療法、薬物療法 が行なわれます。