富山県心の健康センター
トップページ 事業紹介 相談・診療 デイ・ケア ストレス関連 こころの健康ミニ講座 福祉のてびき お知らせ リンク集
こころの健康ミニ講座
 
   認知症

平 成 16年12月、厚生労働省は「痴呆」を「認知症」という名称に変更しました。これは「痴呆」には、何もかもわからなくなるというような人格や人間性を否定 するイメージがあり、早期の診断、治療の妨げになると考えられたからです。

 認知症 とは、大人になってから認知機能に障害が起こり、毎日の生活に支障を来している状態です。そのため、介護が必要になります。

 中心と なる症状(中核症状)は認知障害です。中でも記憶障害が第一に認められます。健常者では、体験の一部のみを忘れますが、認知症の場合は、体験全体を忘れま す。料理の材料を買いに行って、帰って見たら、ひとつ買い忘れていたということは誰にでもあります。ところが認知症になると、買い物を済ませて帰ってきて も、しばらくすると買い物に行ったこと自体を忘れて、また買い物に行ったりします。体験全体を忘れるため、思い出すことが困難で、物忘れを自覚できませ ん。体験の時間的なつながりがなく、過去と現在とが混在した中で瞬間瞬間を生きていることになります。これは小説を途中から読むようなもので、前後の脈絡 もわからず、とても不安な状況だと考えられます。さらに、物を見ても、それが何だかわからない(失認)、言葉のやり取りがうまくいかない(失語)、きょう は何月何日か、ここはどこか、この人は自分とどのような関係の人かといった、時間、場所、人に関する見当がつかなくなる(失見当)、服を着る、道具を使う などの一連の動作ができなくなる(失行)、段取りや計画が立てられない、料理などの手順を踏む作業ができなくなる(実行機能障害)ことがあります。中核症 状を背景として、被害妄想、幻覚、攻撃的行動、徘徊、昼夜逆転などの症状(周辺症状)が認められ、介護の障害となります。

 年をとると物忘れも多くなります。しかし、年のせいだけで認知症にはなりません。認 知症は、通常の脳の老化に病的な変化が加わって発症します。すなわ ち、認知症には必ず原因疾患があるということです。原因疾患としては、アルツハイマー病(50〜60%)と脳血管性痴呆(30%)が代表的です。このよう な疾患の早期発見のために、上記の症状に思い当たることがあれば、早めに受診してください。ご家族であれば受診を 勧めてあげましょう。