文字サイズ

富山県衛生研究所

ホーム - 研究所紹介 - 所長挨拶

研究所紹介
Introduction

富山県衛生研究所

富山県衛生研究所

〒939-0363 富山県射水市中太閤山17-1
TEL 0766-56-5506
FAX 0766-56-7326

所長挨拶

富山県衛生研究所は、県民の生命と健康を守る「地域の科学的・技術的拠点」として、食品、飲料水や生活環境などの日々の安全・安心確保と感染症などの健康危機への備えの両面から、試験検査、調査研究、研修指導、公衆衛生情報の解析・提供及び監視指導を行っています。

また、蚊媒介感染症の国内発生や結核の集団発生事例の増加、食の安全を揺るがす事件の多発など、県民の生命と健康を脅かす問題も後を絶ちません。 

このような健康危機に、より迅速かつ機動的に対応するため、当所ではさらなる機能充実を進めるよう努めています。

富山県衛生研究所長 滝澤 剛則

 

沿革

昭和35年4月1日 職員9名の構成で発足
昭和36年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、課、係制が設けられ、職員17名に拡充強化(庶務係、細菌課、ウイルス血清課、食品衛生課、生活環境課)
昭和37年11月30日 研究所庁舎完成
昭和38年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、所長代理制が設けられ、また課名の一部変更 (庶務係 → 庶務課)(ウイルス血清課 → ウイルス病理課)
昭和39年10月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査課を新設
昭和44年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、従来の課制を廃し、部制を設置し、部に主任研究員を配置(病理生化学部、微生物部、食品科学部、公害調査部)
昭和46年4月15日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、公害調査部所管の業務が公害センターに移管され、また各部の名称を変更(病理部、ウイルス部、細菌部、化学部、環境保健部)
昭和55年12月20日 研究所庁舎 小杉町中太閤山で建設着工
昭和57年6月10日 小杉町中太閤山に新庁舎完成
平成元年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、病理部をがん研究部に名称を変更
平成4年4月1日 富山県行政組織規則の一部を改正する規則の施行により、庶務課を総務課に名称を変更
平成12年7月1日 富山県感染症情報センターを開設
平成14年9月4日 文部科学省から科学研究費補助金取扱規定第2条第4号の研究機関に指定
平成15年5月28日 富山県衛生研究所倫理審査委員会、富山県衛生研究所研究評価委員会を設置
平成23年5月31日 富山県衛生研究所利益相反管理委員会を設置

組織・業務

組織図

交通案内

徒歩 小杉駅南口から約25分
公共交通機関
(射水コミュニティバス「小杉駅・太閤山線」)
「小杉駅南口」乗車、「環境科学センター前」下車(乗車時間約8分)
自動車
  • 小杉駅南口から約5分
  • 富山駅南口(正面口)から約30分、高岡駅から約25分
  • 富山空港から約30分
  • 北陸自動車道富山西ICから約7分
  • 北陸自動車道小杉ICから約7分
地図広範囲

地図1

クリックすると拡大します

地図拡大

地図2

クリックすると拡大します

ページトップへPAGE TOP