薬事について


1 医薬品・医療機器の販売申請・ 届出

 
   新たな医薬品販売制度が平成26年6月12日 に施行され、主に以下のとおり改正されました。

 (1)薬剤師の対面による情報提供・指導が必要な「要指導医薬品」という区分が新設されました。

 (2)「特定販売」のルールにより、全ての一般用医薬品の郵便などによる販売が行えるようになりました。

 (3)薬局・店舗販売業では、新たな掲示事項の追加、販売記録の作成・保存、情報提供・相談体制等への対応 が 必要となりました。

 (関連リンク)

  ・薬局・店舗販売業 関連様式(富山県)

  ・薬事法改正に伴う医薬品販売制度の概要等について(県くすり政策課)


2 管理医療機器販売業・貸与業  変更届出

 (関連リンク)

  ・変更届【管理医療機器販売業・貸与業】

  ・管理医療機器販売業・貸与業届出済証交付申請



3 毒物劇物の適切な保管管理につ いて

   毒物や劇物及びこれ らに該当する農薬などの販売・譲渡(現物の有無によらない)や、電気めっきを行う業者等の「業務上取扱者」に該当する場合は、県への登録や届出が必要で す。


   また、管理や販売に ついて法による規制があります。

 (関連リンク)

  ・毒物・劇物販売業 関連様式(富山県)

  ・毒物劇物の安全対策(厚生労働省)


4 薬物乱用防止について

 毎年6月20日か ら 7月19日は、薬物乱用「ダメ・ゼッタイ普及運動」が全国で実施されます。また、近年社会問題化している危険ドラッグについて、平成26年より取り締まり が強化されています。

 けしの中には、植 え てよいものと法律で禁止されているものがあるので、見つけた場合は厚生センターへ通報してください。

 (関連リンク)

  ・薬物乱用ダメ。ゼッタイ。(薬物乱用Q&A、相談窓口)(県くすり政策課)

  ・「危険ドラッグ」の使用による健康被害について(県くすり政策課)

  ・大麻・けしの見分け方(厚生労働省)

 
5  「かかりつけ薬局」をもちましょう

 いつも利用する薬 局 を決めておくと、薬の内容や体質などの記録(「薬歴」といいます)を元に、薬の管理や副作用について相談したり、店で買い求めた薬やサプリメントなどとの 「飲み合わせ」につ

いて、より的確なア ドバイスを受けることができます。

 現在国では、在宅 医 療など24時間の対応や、かかりつけ医とのより一層の連携についても、検討が進められています。

 (関連リンク)

  ・かかりつけ薬局のすすめ(日本薬剤師会)

  ・くすりの正しい使い方(日 本OTC医薬品協会)

  ・とやま医療情報ガイド(薬局を探す)(県医務課)

  ・後発医薬品(ジェネリック医薬品)に関する基本的なこと(厚生労働省)


6 高齢者のための薬の知識

  若い頃と比較して、以下のような変化が起きますので、医師・薬剤師とよく相談するようにしましょう。

 1 薬の 分解・排泄にかかわる肝臓や腎臓の機能が低下し、かつその程度は個人差が大きいため、効き目や副作用の程度が人によって大きく異なってくることがありま す。

 2 複数の持病が ある人の割合が高くなり、薬の種類も増えてくるので、予期せぬ副作用が現れたり、新たな病気による症状がわかりにくく なってしまうことがあります。

 3 飲み方が異なる薬が混じっていると、認知症な どにより間違いや飲み忘れが起きやすくなります。

 4 飲み込みの力が弱く なり、知覚も衰えるため、今まで飲めていた薬が飲みにくくなることがあります。

 (関連リンク)

 ・「高齢者のための薬の知識」(日本薬剤師会)


7 薬の保管方法について

 薬の成分は化学物質なので、一般に「高温・多湿・ 直射日光を避ける」ことが必要です(例:シロップ剤、インスリン、多くの坐薬 等。温度が10度あがると、化学変化は2〜3倍速くなる)

 冷蔵庫の中は、「低温・低湿・光が少ない」という 好条件ですが、食品とは明確に区別しておきましょう。

(表示がない場合=室温: 130℃。冷所:15℃以下。冷蔵:4℃)

(特に粉薬では吸湿で固まりとなり、水分と化学変化 を起こしやすい)


   * 医師から、飲み切りの指示(一部の抗生物質な ど)や、継続した服薬の指示(抗結 核薬など)を出されることがありますが、理由は薬に抵抗性のある耐性菌ができるのを防止するためです。

(再利用の ための保管はしないようにしましょう)

 (関連リンク)

  ・「くすりの上手な使い方」(日本製薬工業協会)


<トップページへ戻る