結核医療費公費負担制度
結核と診断された患者が安心して適正な医療を受けられるよ う、感染症法で医療費の一部(あるいは全額)を公費で負担いたします。
 医療費公費負担制度は、次の2種類です。
(1) 一般患者に対する公費負担 (法第37条の2)
(2) 入院勧告・入院措置患者に対する公費負担 (法第37条)
         
 ■ 一般患者に対する公 費負担 (法第37条の2)
   保険の種類を問わず、結核の医療費の自己負担額が原則として医療費の5%となります。
         
    対象となる医療
      (1) 結核医療の基準によって行う化学療法
      (2) 検査(エックス線検査、結核菌検査)
      (3) 外科的療法及び骨関節結核の装具療法に必要な次の医療
        ・通院または病院、診療所への収容
        ・処置その他の治療
       ※ なお、初診料、再診料・指導料・診断書料・協力料は公費負担の対象になりません。
         
    公費負担申請に必要なもの(病院で準備していただけます)
      (1) 公費負担申請書(県規則 様式28号)
      (2) エックス線写真
         
 ■ 入院勧告・入院措置患者に対する公費負担 (法第37条)
   医療費を、保険給付(種類は問わず)で支払われる費用を除き原則として医療費の全額を公費で負担します。  ただし、患者、扶養義務者の所得税に応じて自己負担が発生する場合があります。
         
    対象となる主な医療
      (1) 診察
      (2) 薬剤または治療材料の支給
      (3) 医学的処置、手術及びその他の治療
      (4) 病院または診療所への入院
      (5) 申請により承認した場合の看護または移送
      (6) その他 (食事)
         
    公費負担申請に必要なもの((1)及び(2)は病院で準備し ていただけます)
      (1) 公費負担申請書(県規則 様式28号)
      (2) エックス線写真
      (3) 世帯全員の住民票(謄本)
      (4) 患者本人及びその扶養義務者の所得税に関する書類
        ・お勤めのかた(給与所得者)
     ・・・・・源泉徴収票(勤務先が発行)
        ・確定申告を行った方(自営業、農業所得者等)
     ・・・・・所得税の納税証明書(税務署が発行)
        (注)源泉徴収分がある場合は、それの記載が必要
        ・収入が年金のみで確定申告をしない(必要のない)かた
     ・・・・・源泉徴収票(年金給付者が発行)  
        ・無職または無収入のかた(源泉徴収票の扶養控除者は不要)
     ・・・・・非課税証明書(市町村役場で発行)
        ・生活保護受給者
     ・・・・・保護受給証明書(市 町村役場で発行)      
             
  ■ 書類の提出
   書類は、砺波厚生センター(本所)又は小矢部支所で受付していますが、病院または診療所から提出すること もできますので、病院または診療所におたずねください。
         
  ■ 詳 しくはこちらまでお問い合わせください
    砺波厚生センター(本所)  保健予防課感染症疾病班
        TEL 0763-22-3512 住所 南砺市高儀147(案内図
    砺波厚生センター小矢部支所 衛生予防課
        TEL 0766-67-1070 住所 小矢部市綾子260-1(案内図

<<トップページへ  <前 ペー ジに戻る