飲食店や食品の販売・製造を始めるには


 飲食店や食品を販売するなど、食品を取扱う場合、食品衛生法に基づ き、営業の許可を得なければいけないことがあります。

許 可の種類・・・34業種

飲 食店
食 堂、レストラン、弁当屋、居酒屋、スナックなど
喫 茶店
喫 茶店(自動販売機を含む)
販 売業
乳 類販売業、食肉販売業、魚介類販売業など
製 造業
菓 子製造業、みそ製造業、醤油製造業、豆腐製造業、そうざい製造業など
そ の他
乳 処理業、食品の冷凍又は冷蔵業など

 各許可には、その業種毎に施設基準が富山県食品衛生条例で定められています。
 営業しようとする内容、場所、設計図などが決まったら、事前に厚生センターまで相談に来てください。
 (営業地が朝日町・入善町・黒部市の場合は新川厚生センター衛生課、魚津市の場合は魚津支所衛生予防課)

新 しく営業するときの流れ
@ 事前相談
 計画している施設が施設基準に合致しているかを確認するため、設計段階の図面を持参し、衛生課まで相談ください。(具体的にどんなことがしたいかを合わ せて相談してください。)

A営業許可申請
 営業開始予定日の1ヶ月前までに必要書類を提出してください。

  【必要書類】
・営業許可申請 書

・営業許可申請 手数料


富山県収入証紙で納入してください。
収入証紙は、新川厚生センター内の食品衛生協会でも取り扱っています。
各 手数料はこちら
・営業施設の図面・100m以内の地図・施設設備の大要等
・食品衛生責任 者設置届
施設には営業毎に食品衛生責任者(*1)の設 置が必要で す。
業種によっては食品衛生管理者(*2)の設置が必要になります。
・登記事項証明 書
営業者が法人の場合は提出してください。原本 を確認します。
・水質検査成績 書

水道水以外の水を使用する場合、26項目の検 査成績書を提出してください。

(*1)食品衛生責任者
栄養士や調理師等の免許をお持ちの方
食品衛生責任者講習会を受講された方
食品衛生責任者養成講習会日程
「講習会  日程表」 
(富山県
食品衛生協会へリンク
(*2)食品衛生管理者
食肉製 品製造業や一部の乳製品製造業等に設置しなければ なりません。医師や薬剤師、獣医師のほか、厚生労働大臣の登録を受けた養成施設で所定の課程を修了した方等が該当します。
   
             ※食品衛生責任者養成講習会は、「一般社団法人 富山県食品衛生協 会」が開催しています。

B施設の確認検査
 申請の内容のとおりか、施設基準に合致しているか、施設を確認します。
 施設の仕上り、営業開始希望日に合わせて事前に打ち合わせの上、確認を行います。

C営業の開始
 施設の確認後、事務手続きを踏んで、営業の開始となります。
 後日、営業許可証の交付があります。

 営業開始後は、食品の取扱いに気をつけて、施設設備を清潔に保って、安全で衛生的な食品の提供に心がけてください。
 また、申請事項(営業所の名前や食品衛生責任者、施設など)に変更があった場合は変更届を提出してください。

D従事者検便について
 下に示すもののほか、食品営業許可を受けて営業をする施設においても、定期的な検便に努めてください。
 検便は、厚生センター(新川・中部・高岡・砺波)のほか、検査機関などでも実施しています。
 ご不明な点は、お問い合わせください。
  
 (社会福祉施設などの集団給食施設)
  腸管出血性大腸菌を含めた1回以上の検便を受けること。必要に応じ10月から3月にはノロウイルスの検査を含めること。


お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


食 品衛生・環境衛生のページへ戻る