食品の表示について


遺 伝子組 換え食品の表示制度
 食品衛生法の改正により平成13年4月1日から「遺伝子組換え食品」 の表示が義務付けられました。

 【表示義務対象作物】(平成23年12月よ り)
  大豆(枝豆及び大豆もやしを含む)、とうもろこし、ばれいしょ、菜種、綿実、アルファルファ、てん菜、パパイヤの農産物(8作物)や加工品(33食品 群)。
 
 【表示例】
T 従来のものと組成、栄養価等が 同等のもの @ 分別生産流通管理が行われている遺伝子組換え食品の場合(義務表示) ◯◯◯ (遺伝子組換えのものを分別)
A 遺伝子組換え食品と非遺伝子組換え食品の分別生産流通管理が行われていない場合(義務表示)  ◯◯◯ (遺伝子組換え不分別)
B 分別生産流通がおこなわれている非遺伝子組換え食品の場合(任意) ◯◯◯ (遺伝子組換えでない)
U 従 来のものと組成・栄養価等が著しく異なるもの(義務表示)
【例】
大豆(高オレイン酸遺伝子組換)

 ※分別生産流通管理・・・遺伝子組換え作物と非遺伝子組換え作物を生産、流通及び加工の各段階で分別管理を行い、その旨を証明する書類により明確にした 管理のこと。 
 ※Bのみ任意表示が認められるため、無表示のものは遺伝子組換えでないと判断されます。
 
 【表示の省略】
 次の場合は、表示を省略できます。
 
 1.原材料の重量に占める割合が上位3位に入らないもの、または原材料の重量に占める割合が5%未満のもの。
  2.組換えDNA及びこれにより生成したタンパク質が分解、除去されているもの(例:醤油、大豆油など)
  3.直接一般消費者に販売されない食品(業者間でやり取りするもの)

ア レル ギー物質を含む食品の表示制
 食品衛生法の改正により平成13年4月1日からアレルギー物質を含む 食品27品目(H25.9現在)は、表示の義務付けあるいは奨励されることになりました。
  
【対象食品範囲】
 「容器包装された加工食品・食品添加物」が対象となります。

【表示が必要となった原材料(特定原材料等)】
 表示は、発症数・重篤度により、義務とするものと奨励とするものの2段階に分けました。
 
義 務化
(7品目)
卵、 乳、 小麦、そば、落花生、えび、かに
奨 励
(20品目)
あわび、 いか、いくら、牛肉、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、オレンジ、キウイフルーツ、くるみ、バナナ、カシュー ナッツ、ごま

 【表示時の注意点】
*表示が義務付けられた7品目については、微量であっても人によってはアレルギー症状を示すことから表示する必要があります。(キャリーオーバー、加工助 剤についても表示する必要があります)

*「入っているかもしれません」、「入っている可能性があります」等の表示は認められていません。

*高級食材(あわび、まつたけ、いくら等)が微量に配合されている場合には、消費者に誤解を与えないように「○○エキス」、「○○粉末」等の適切な表示を することとしています。

 【具体的な表示方法】
 消費者庁が公開している「食品表示に関 するパンフレット・Q&A・ガイドライン等」をご覧下さい。
 
関 連リン ク
 消費者庁(食品表示課)



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


食 品衛生・環境衛生のページへ戻る