ホタルイカの取扱いについてのお願い



 ホタルイカの生食を原因とする旋尾線虫幼虫移行症(腸閉塞様症状等)にならないために、以下の点に注意しましょう。 
 

販 売者、飲食店等関係業者の皆様へ
ホタルイカの取扱い方法

1 生食を行う場合には、次の方法によること。
 (1)  −30℃で4日間以上、もしくはそれと同等の殺虫能力を有する条件で凍結すること。
     (同等の殺虫能力     例:−35℃(中心温度)で15時間以上、または−40℃で40分以上)
       なお、凍結処理を行った場合、製品にその旨表示を行うこと。

  (2) 内臓を除去すること、または、内臓除去が必要である旨を表示すること。

2 生食用以外の場合には、加熱処理(沸騰水に投入後30秒以上保持、もしくは中心温度で60℃以上の加熱)を行うこと。

消 費者の皆様へ
 ホタルイカを調理される場合には、上記の取扱方法で行ってください。



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


食 品衛生・環境衛生のページへ戻る