家庭でできる食中毒予防の6つのポイント


@ 食品の 購入
 o 生鮮食料品や保存期間の短い食品は、必要な分だけ計画的に購入しましょう。
 o 肉や魚、牛乳など、冷蔵や冷凍が必要なものは、最後に買うようにしましょう。
 o 肉汁や魚汁が他の食品につかないように、別々にビニール袋に入れましょう。
 o 購入したら寄り道せず、早く帰るようにしましょう。

A 家庭で の保存
 o 冷蔵庫や冷凍庫の詰めすぎに注意しましょう。目安は7割程度です。
 o 肉や魚等はビニール袋に入れ、肉汁や魚汁が他の食品にかからないようにしましょう。
 o 冷蔵庫の開け閉めは少なく、開けている時間は短いように心がけましょう。

B下準備
 o 生の肉や魚を切った後、その包丁やまな板を洗わずに果物・野菜や調理済みの食品を切ることはやめましょう。
 o まな板を使った後、すぐ流水、洗剤で洗ってたっぷり熱湯をかけるようにしましょう。
 o まな板は肉用、魚用、野菜用などと使い分けると良いでしょう。
 o パックしてある野菜やカット野菜もよく洗いましょう。

C調理
 o 調理の前や調理中でも、生ものに触ったときは手を洗浄消毒しましょう。
 o 加熱して調理する食品は十分に加熱しましょう。目安は中心部の温度が75℃以上で1分間以上加熱することです。

D食事
 o 調理前の食品や調理後の食品は、室温に長く放置してはいけません。
 o 食事の前には手を洗いましょう。
 o 料理は放置しないで、すぐ食べましょう。

E残った食品
 o 残り物は早く冷えるように、清潔な容器に小分けして、ラップ等をかけて冷蔵庫に保存しましょう。
 o 時間が経ちすぎたら、思い切って捨てましょう。

関連リンク
 厚生労働省(食中毒に関する情 報)
 ホタルイカの取扱いについてのお願い



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


食 品衛生・環境衛生のページへ戻る