入浴施設の衛生管理(レジオネラ症対策)について


  
  レジオネラ症は、抵抗力の低下している人(乳幼児や高齢者、病人など)がかかりやすく、重症化した場合には死に至ります。 
  県では、県内の公衆浴場・旅館の浴槽水について、レジオネラ属菌の検査の徹底を指導しています。

    入浴施設の衛生管理 (レジオネラ症対策)について  (県生活衛生課)



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


食 品衛生・環境衛生のページへ戻る