医療機関を受診するときは
「お薬手帳」を持っていきましょう 



お薬手帳って何?
 お薬手帳は、患者さんに処方された薬の名前や飲む量、回数、飲み方、注意点などの記録(薬歴)を残すための手帳です。
 この記録があると、患者さんがどのような薬をどれだけの期間使っているのかを、医療者側が知ることができ、また、患者さん本人も確認することができます。
 
医療機関にお薬手帳を持っていくと、どんな良いことがあるの?
 複数の医療機関にかかっている患者さんは特に注意が必要なのですが、各医療機関の医師は、自分の医療機関以外でどのような薬が出ているのか、確認する方法がありません。

 そのため、患者さんに直接お伺いしますが、「赤い玉の薬」ですとか「白い粉薬」といったあいまいな表現になると、同じような薬がたくさんあるため、安全のため、その薬の名前を確認するまで、せっかく受診されても、お薬を出せないという場合すら出てきます。

 しかし、お薬手帳を医師に見せることで、薬の名前や量、飲んでいる期間が正確に確認できるため、飲み合わせや、同じ効果の薬を二重に処方する、といったことによるトラブルを防ぐことができます。
 また、どれくらいの期間飲んでいるかの確認もできますし、飲んで副作用が出た薬があった場合、それを手帳にメモしておくと、その後それを医師に見せることで、同じ薬効の薬を避けて処方することができます。

 患者さん本人の身体を守るために、お薬手帳を医療機関で見せることは、薬を出す側、出される側双方にとって、とても重要な役割を果たすのです。
 
お薬手帳はどこで手に入るの?
 お薬手帳は、薬局の薬剤師に相談すると、手に入れることができます。
 使い方がよくわからない時にも、遠慮なく薬剤師に相談しましょう。


お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


薬事のページへ戻る