薬の正しい使い方について


 10月17日から23日は、「薬と健康の週間」です。
 それにちなみ、薬の正しい使い方についてお話しします。

1 薬の種類
 薬には、医師が処方する薬(医療用医薬品)と、薬局・薬店で買える薬 (一般用医薬品)があります。

医 療用医薬品  医師が 患者を診断し、その人の体質や症状に応じて処方する。効き目が強い反面、慎重に扱う必要がある。
一 般用医薬品  薬局で 自分で買い、自分の判断で使用することを前提として作られている。有効性とともに安全性を重視して、成分や分量を決めてい る。

 また、薬は、「内服薬」と「外用薬」の2つに大きく分けられます。

内 服薬 口から飲 む。錠剤、カプセル、顆粒状など、さまざまな形態がある。
外 用薬 皮膚や粘 膜など、身体の表面に直接作用する。軟膏、シップ、坐薬など。

 ※軟膏やシップは、成分が皮膚から吸収されて直接患部に作用します。
  坐薬は、直腸から直接吸収されて血液中に送り込まれます。

2 薬の正し い飲み方、使い方
@飲む時間(薬の説明書に表示があります)

食 前 食 事の約30分前がめやす。 ※ 胃の中に食べ物が入っていないとき
食 後 食 後約30分以内がめやす。 ※ 胃の中に食べ物が入っているとき
食 間 食 事と食事の間。めやすは食後2時間程度。 ※ 「食事の最中」という意味ではないことに注意!
就 寝前 寝 る30分前から1時間前がめやす。

A一緒に飲むもの  

 薬を飲むときは、水かぬるま湯で飲みましょう。
 ジュースやお茶など、他の飲み物では、薬の効果を強めたり、逆に弱めたりします。
 また、薬同士の飲み合わせもありますので、新しく薬を購入する場合は、現在使用している薬を薬剤師や医師に必ず伝えることが必要です。

3  小児 と薬
 小児、乳幼児は、薬を代謝、排泄する肝臓や腎臓の働きが未発達です。 そ のため、薬の投与は、年齢や体重などによって用量が決められています。必ずそれに従ってください。
 また、幼い子供は、副作用が起こった場合でも、うまく症状を訴えることができません。薬を使用した後は、こまめに様子をみるようにしてください。

4  高齢 者と薬
 高齢になると、内臓の機能が低下してくるので、薬の作用が強く現れる 場 合があります。
 また、飲み込みの力も低下するため、内服薬を飲み込みにくくなったり、視力の低下によって薬を間違えることも少なくありません。
 そのため、家族や周囲の方は、高齢者の薬をチェックしたり、飲むときにそばについてあげるなど、気をつけるようにしましょう。

 また、複数の薬を飲む可能性も高くなりますので、先ほども触れましたとおり、「飲み合わせ」による危険を防ぐため、新しく薬を飲む場合は、現在使用して いる薬を、必ず医師や薬剤師に伝えてください。

5 妊 婦・授乳者と薬
 妊娠中の身体はとてもデリケートな状態で、かつ薬によっては胎児にも 影 響を及ぼす場合もありますので、妊娠中、または妊娠の可能性のある場合は、医師や薬剤師に必ずその旨を伝えてください。
 
 また、母親が飲んだ薬は、微量ですが母乳に移行することがありますので、授乳中の方が薬を使用するときも、医師や薬剤師に相談しましょう。

6 薬の 副作用(代表例)
 ここに、代表的な薬の副作用をあげます。

@薬物ア レルギー
Aアナフィラキシーショック
 人によって、薬のある特定の成分に対してアレルギー反応を起こす場合があります。 どのような成分に対して起こすかは、人によりさまざまです。
 原因不明の 発疹、発熱、かゆみなどが出た場合は、すぐに医師または薬剤師に相談しましょう。
 重篤なアレルギー反応になると、呼吸困難や意識障害、痙攣、血圧低下など をおこし、まれに死に至ることさえあります。これをアナフィラキシーショックといいます。
B眠気、めまい
 風邪薬や解熱剤、咳止め、かゆみ止めの飲み薬などには、眠りを誘う成分が含まれています。 また、血圧を下げる薬などでは、めまいをおこすこともありま す。
  薬の説明書に「眠気を起こすことがある」という旨が記載された薬を飲んだときは、自動車の運転や高いところでの作業は避けるようにしましょう。
C胃腸障害
 特に痛み止めの薬などは、胃が空っぽの状態で薬を飲むと、その刺激により胃が荒れて、痛みが起こることもあるので、食後に服用するようにしましょう。
D腎臓、肝臓障害
 内服薬は、排泄されるまでに腎臓や肝臓を通ります。そのため、同じ薬を自分の判断で長く使い続けていると、いつの間にか腎臓や肝臓に障害を起こすことが あります。
 また、もともと腎臓や肝臓に障害のある方は、さらに障害を悪化させる可能性もありますので、必ず主治医と相談してから薬を使うようにしましょ う。

相談窓口
 薬の正し い使い方については、以下にお問い合わせください。
 正しく薬を使い、健康づくりに生かしましょう。

 * かかりつけ医療機関の医師、薬剤師
 * かかりつけ薬局の薬剤師
 * 新川厚生センター衛生課  0765-52-1225
 * 富山県厚生部くす り政策課(企画薬事係)  076-444-3234



お 問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


薬 事のページへ戻る