薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ」


 毎年6月20日から7月19日は、薬物乱用「ダメ・ゼッタイ普及運 動」実施期間です。
 また、6月26日は、「国際麻薬乱用撲滅デー」です。

薬物乱用ってなあに?
 薬物乱用とは、遊びや快感を求めるために、覚せい剤やシンナーなどの 薬物を使用することを言います。
 例え、1回使用しただけでも「乱用」にあたります。

 近年、密売の手口が巧妙化し、違法な薬物を手に入れることが簡単になり、薬物乱用の裾野が、普通の学生や一般市民層に拡大しています。

乱用される薬物には、どんなものがあるの?
 以下に、乱用される薬物の代表的なものをお示しします。

種 類
隠 語(別の呼び名)
覚 せい剤 エス、ス ピード、アイス、シャブ
大 麻 ハッパ、 マリファナ、グラス、チョコ
MDMA (錠剤型合成麻薬) エクスタ シー
シ ンナー アンパ ン、ジュントロ

 覚せい剤は、現在、薬物乱用で検挙された原因薬物の8割を占めています。
 乱用薬物の中でも特に依存性が強い薬物で、興奮、幻覚作用があります。
 また、1度に大量に乱用すると、急性中毒で死に至ることもあります。

 新しく登場した錠剤の合成麻薬、MDMAは、覚せい剤と似た幻覚や興奮作用があります。これは見た目のおしゃれさ、持ち歩きの手軽さもあって、近年、若 者の間で急速に浸透しており、強い精神毒性がある麻薬です。

薬物の写真

 また、「違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)」といい、麻薬の指定はされていないものの、麻薬に似た有害性の疑われる物質が、ビデオクリーナー、アロ マ、お香、芳香剤などと目的を偽装して販売されています。

薬物の写真 近年、 これらの物質が、青少年を中心に乱用が拡大し、死亡事故を含む健康被害が発生しています。
 「違法ドラッグ」は、薬物乱用の「きっかけ」となる薬(ゲートウエイ・ドラッグ)となるおそれがあります。
 非常に危険なため、絶対に人体に使用しないようにしましょう。
 
 なお、平成19年4月1日より薬事法が改正され、違法ドラッグに対し、「指定薬物」として、医療等の用途以外は、製造、輸入(個人輸入を含む)、販売等 を禁止し、罰則も強化するなど、規制が厳しくなりました。

薬 物を乱 用すると、身体にどんなことが起こるの?
 乱用される薬物の作用としては、大きく次の3種類に分けられます。

種 類
作 用
薬 物の例
興 奮作用 脳 を刺激して興奮させる。 覚せい 剤、コカイン、MDMAなど
幻 覚作用 実 際にはないものが見えたり、ない音が聞こえたりする。 大麻(マ リファナ)、LSD、2C-B、マジックマッシュルームなど
抑 制作用 脳 を麻痺させて気分を沈みこませたり眠らせたりする。 アヘン系 麻薬(けし、ヘロイン)、有機溶剤(シンナー、トルエンなど)、向精神薬(睡眠剤、抗不安剤など)

 また、全身の臓器にもさまざまな障害がおこります。また、その害は半永久的に続きます。
 たとえば、中枢神経がおかされて精神障害になったり、肺・心臓・消化器官などの内臓が障害されるなど、たった1回の乱用でも、薬物乱用は脳や身体をめ ちゃくちゃにしてしまいます。

人体に及ぼす影響
 さらに、薬物乱用の最も恐ろしい特徴は、薬物の「依存性」と「耐性」です。

依 存性  1回く らいなら、と思っても、また使いたくなり、繰り返し使ううちに薬物の使い方のコントロールがきかなくなってしまうこと。
耐 性   使用を繰り返しているうちに、それまでの量では効き方が薄れていくこと。

 これらが起こると、もはや自分では止めることはできません。







 さらに、薬物乱用で、ひとたび幻覚・被害妄想などの精神症状が生じると、治療によって表面上は回復しているかに見えても、精神異常が再び起こりやすい下 地が残ってしまい、ストレスや飲酒などちょっとしたきっかけで、突然、再度精神異常をきたしてしまうことがあります。これを「フラッシュバック現象」といいます。

だ めとわ かっているのに、なぜ薬物乱用をしてしまうんだろう・・・
 「クスリでちょっと遊ぼうよ。」
 「みんなやっているよ。」
 「やせられるよ。」
 「イライラがとれてすっきりするよ。」
 「1回だけなら平気だよ。」

 といった、甘い誘いに気をつけましょう。

 薬物乱用は「犯罪」です。
 法律で厳しく禁止されていて、重い罰を受けます。
 例えば、覚せい剤を違法に使用した場合、10年以下の懲役を 受けることになります。

薬物乱用を防止するためには
 @薬物の危険性は身近にあり、自分には関係ないと思わないこと。
 A誘われても、「ダメ。ゼッタイ。」と、断る勇気をもつこと。
 B一人で悩まないで、友人や家族に何でも相談すること。

 以上のことが大切です。

相談窓口
 薬物乱用に関するご相談は、以下の相談窓口までお願いします。
 薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」です。薬物乱用のない社会を目指しましょう。

 新川厚生センター衛 生課 0765-52-1225
 富山県くすり政策課 076-444-3234
 富山県警察本部相談 110番 076-442-0110
 最寄の警察署



お 問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359


薬 事のページへ戻る