ジェネリック医薬品とは


 新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に、同等の品質で製造販売される同じ成分の薬で、「後発医薬品」とも言われます。
 医療機関で出された処方せんをもとに薬局で受け取るお薬は、患者さん自身が、医師や薬剤師との相談の上でジェネリック医薬品を選ぶことができます。


 富山県では、平成16年度からジェネリック医薬品利用促進事業として環境整備に取り組んでいます。
県くすり政策課が作成したガイドブックもご覧ください。


お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 衛生課 0765-52-1225
新川厚生センター魚津支所 衛生予防課 0765-24-0359

薬事のページへ戻る