油断大敵!
ノロウイルス対策

 

ノロウイルスについて

  ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスのひとつ です。
 年間を通じて発生しますが、特に冬に多発します。
 ノロウイルスは、カキ、ハマグリなど二枚貝の内臓に蓄積しています。
 強い感染力があり、ウイルス 10100個で感染します。(患者便1g中に10億個存在する)
 また、アルコール消毒は効果がなく、塩素系(次亜塩素酸ナトリウム)消毒が 必要です。

ノ ロウイルスの感染経路

手の画像

@ 人→食品→人

調理者の手を介して汚染された食品を食べた。

A 食品→人

カキや二枚貝を加熱不十分で食べた。

B 人→人

便や嘔吐物を処理した後、手についたウイルスが口に入って しまった。

※嘔吐 物が乾燥してウイルスが舞い上がり、口から取り込まれて感染することもあります。

潜伏期・ 症状

・潜伏期(感染後、症状がでるまでの期間)

症状が軽い人でも、少なくとも1〜2週間はウイルスの排泄があるので、他の人にうつさないよう注意が必要です!

  通常2448時間

・症状

  嘔気・おう吐、下痢、腹痛、37℃台の発熱等
  →脱水症状に注意

※ 感染しても全員に症状が出るわけではなく、軽いかぜ症状ですむ人もいます。

治療方法  

 ・ノロウイルスそのものに効く薬はないの で、「対症療法」で、回復を待ちましょう。
 ・下痢止め薬などを自己判断で使用することは避けましょう。

十分な栄養補給をして、体力をつけておくことが大切!

ノロウイ ルスに感染しないために

・ 手をよく洗いましょう。
 トイレの後、調理の前、食事の前後、帰宅後などこまめな手洗いが大事です。
 石鹸をよく泡立て、ウイルスをこすり落とす感覚で洗うと効果的です。 

・加熱調理する料理は、十分に加熱しましょう。
 85℃以上で1分間以上加熱することが必要です。

・十分に栄養と睡眠をとって、規則正しい生活をしましょう。

・水道の蛇口やトイレのノブにもウイルスがついていること があるので、 洗い流したり拭き取ったりしましょう。
 タオルの共用はやめましょう。

手洗いの 順序

 30秒以上かけて丁寧に洗いましょう。

手洗いの順序

感染者が 出てしまったら ≪嘔吐物などの処理方法≫

ウイルスのイラスト 1.感染予防のため、マスク、手袋、エプロンを着用する。
 2.使い捨ての布やペーパータオルで静かにふき取る。
 3.ふき取ったものはビニール袋に入れて密封し、廃棄する
   (0.1(1000ppm)次亜塩素酸ナトリウムを染みこませておけばより安心)
 4.0.02 (200ppm)次亜塩素酸ナトリ ウムを浸した布などで床を消毒する。
 5.10分放置した後、水拭きする。
 6.処理中、処理後の換気をしっかりする。

 参 考 ; 消毒液の作り方(PDF

関連リンク

 県健康課ホームページ(ノロウイルスによる感染性胃腸炎予防ついて)
  ロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)
 ノロウイルス検出状況 (国立感染症研究所感染症情報センター)
 ノロウイルス感染症とその対応・予防(国立感染症研究所感染症情報センター)
 【一般の方向け】 ・  【事業者の方向け】

 

お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 保健予防課 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359

 

染症のページへ戻る