結核について
〜まだまだ「過去の病気」ではありません〜


結核新規患者数の推移
 1950年までわが国の死亡率の首位を独占していた結核ですが、栄養 状態の向上や、ストレプトマイシンなどの特効薬の開発、BCG接種の普及により、その数は激減しました。
 しかし、近年、国内では年間で約2万5千人もの患者が新たに発生し、2千人以上が亡くなるなど、決して「過去の病気」とはいえない状況です。

 富山県内でも、減少傾向にはありますが、毎年約160名以上の新規 患者が発 生しています。(下 グラフ)
 また、新川厚生センター管内では、平成21年は15名の患 者が新たに出ています。

新規結核患者数の推移

管 内にお ける年齢階級別新規結核患者
 下の円グラフは、管内における年齢階級別の新規結核患者の割合です。
 このグラフより、新規患者の7割以上が、70歳以上の高齢者で 占められていることがわかります。

年齢階級別新規結核患者割合

最近の日本における問題
 現在、新規結核患者の大半が70歳以上の高齢者です。

 1950年代まで、全国で毎年50万人近い結核患者が出ており、多くの高齢者が過去に結核菌に感染しています。
 そのとき体の中に入った結核菌は、身体の持っている抵抗力つまり免疫力によって押さえ込まれます。そのため、
菌は肺の中におとなしく潜んでいます。これを「休止状態」といいま す。
 しかし、高齢化や病気などでその人の抵抗力が衰えると、それをきっかけに菌が暴れだし、発病することがあります。これを「内因性再燃」と呼び、最近はこ のようなケースが大変増えています。

 また、もう一つの重要な問題として、20〜30代の若者の結核罹患率が増 加傾向にあることです。
 不規則な生活や無理なダイエット、不規則な生活などで体の抵抗力が衰えている若者の増加、不特定多数の人が訪れる密室の増加(カラオケボックス、サウ ナ、カプセルホテル、ネットカフェなど)、患者、医療側ともに結核に対する 意識が低く、長引く咳などの症状があっても風邪などと思うことでの受診や診断の 遅延(特に働き盛りの年代に多い)などの理由が考えられています。

 また、フリーター、派遣労働者、住所不定者、外国人といった、健康管理されにくい人たちが増えていることも問題になっています。

どのようにして感染・発病するの?
 結核菌の感染についてご説明します。
 たんの中に結核菌がでるようになった患者が咳やくしゃみをすると、直径数ミクロンという小さななしぶきが飛び散ります。
 この結核菌を含む小さなしぶき「飛まつ核」は、しばらく空気中に漂い、近くの人がそれを吸い込む事で、感染の機会が生じます。

 しかし、体の中に結核菌が入って感染しても、身体のもっている抵抗力、つまり免疫力によって押さえ込まれれば、菌は肺の中におとなしく潜んで、症状がで たり、人にうつしたりはしない「休止状態」となっています。
 「感染」しても、「発病」するとは限らないのです。
 感染者のうち、比較的早めに結核を発病するのは約1割、生涯を通じても発病者は感染者の2〜3割程度と考えられています。

発病の危険が高いのは?
 「感染」しても「発病」するとは限りませんが、BCGを接種していな い赤ちゃんや、BCG効果が薄れてくる思春期の感染は 発病する確率が高くなります。
 また、糖尿病、胃切除、ステロイド剤や抗がん剤の服用、人工透析などの疾患を有し ている場合、無理なダイエットをしている方、不規則な生活が続いている 方、強いストレスを受けている方などは免疫力が低下しやすいため発病率が高く、注意する必要があります。

症状は風邪に似ています
 結核の初期は、かぜに似た症状が出るので見過ごされがちですが、長引 く咳や痰は要注意です。
 痰、微熱、寝汗、だるさなどが初期症状ですが、胸痛がみられる場合や、血痰が出たり喀血する場合もあります。
 特に、咳が2週間以上長引いたときは、医師の診察を受けましょう。
 また、高齢者は症状が出にくい傾向にあるため、さらに注意 が必要です。これらのサインを見逃さないようにしましょう。

結核の予防・早期発見のために
 早期発見に極めて有効なのが、胸部レントゲン撮影です。同時に肺がん の早期発見も可能となります。
 結核、肺がんの早期発見のため に、年1回は、職場の健診や、市町の住民健診を、必ず受けましょう!

 BCGは、結核の発病や重症化を防ぐためのワクチンです。これを接種すると、結核に感染したときの真似事が体内でおこり、結核菌に反応する免疫ができま す。これにより、結核発病の恐れが半分以下になり、重症化の防止にもとても有効であるといわれています。

BCG接種について
 平成17年度からツベルクリン反応検査は廃止され、現在は、生後6ヶ 月までに、BCGを直接接種することになっています。
 接種の日程など、詳しくは市町へお問い合わせください。

 結核は、決して「過去の病気」ではありません。
 この機会にぜひ、あらためて結核について考えてみましょう。
 
関連リンク
 厚生労働省 (感染症情報)
 富山県健 康課 (結核の予防のために)
 財団法人結核予防会



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 保健予防課 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359
 

感 染症のページへ戻る