知っていますか?「紫外線」


紫外線 (UV:UltraViolet)とは
 紫外線とは、地球に到達する太陽光線のうち、波長が短く、エネルギー の 高い光を指します。
 UVというのは、紫外線を英語で言ったultravioletの略です。
 紫外線はUVーA波、UV−B波、UV−C波の3種類に分けられます。そのうちA、B波が地球に届いています。

 UVBは、皮膚の表面に届き、皮膚や眼に有害です。日焼けを起こしたり、皮膚がんの原因になります。
 一方、UVAは、B波ほど有害ではないといわれていますが、長時間浴びた場合は同じように、細胞を傷つけるため、同様の健康被害の原因となります。窓ガ ラス や雲を通過して皮膚の奥深くまで届きます。そして、しわやたるみなどの「肌の老化」を引き起こす原因になります。
 そしてどちらもいわゆる「日焼け」の原因となります。

「日焼 け」には2種類ありま
 「日焼け」には2種類あるのをご存知ですか?

 @まず、紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け」(紅斑)を「サンバーン」といいます。ひどくなるとヒリヒリしたり水ぶくれができたりします。海水浴 などで真っ赤に日焼けするのはサンバーンです。

 Aもう一つ、赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヶ月続く「黒い日焼け」を「サンタン」といいます。いわゆる、一般的にいわれる「日焼け」 にあたります。

 また、赤くなっても黒くなりにくかったり、赤くならずにすぐ黒くなったりと、人によってタイプが分かれます。

ク イズ 「紫外線のウソ・ホント」
 紫外線について、どこまで正しい基礎知識をお持ちでしょうか?
 ここで、クイズで確認してみましょう。
 それぞれ、○でしょうか、×でしょうか?


 @ 曇った日は日焼けしにくい
 A 水の中では日焼けしにくい
 B 高原は涼しいので平地より日焼けしにくい
 C 家の中にいれば日焼けの心配はない
 D 日焼け止めクリームを塗っていれば、長い間日光を浴びていても大丈夫


 答えと解説
  @ × 薄い雲の場合、紫外線の80%以上が通過します。
(曇り空では、快晴時に比べ、地表に到達する紫外線のUVB波は減少していますが、UVA波の量はほとんど変わりません。)
 A × 水はわずかな紫外線しか防いでくれません。
むしろ、水面の反射は、浴びる紫外線の量を増やしてしまうともいえます。
 B × 身体で感じる「暑さ」は赤外線によるもので、感じないから といって紫外線量とは関係ありません。
むしろ、山や高原など標高の高いところでは、かえって紫外線量が多くなります。
 C × 家の中にいても、紫外線は窓ガラスを通過して部屋の中に 入ってきますので、日焼けは防げません。
また、洗濯物を干したり、ごみを捨てたり、と、日常的に外に出て紫外線を浴びている機会は意外と多いものです。
 D × 日焼け止めクリームは紫外線防止効果を高めるものですが、 汗をかいたりこすったりして、知らないうちに取れていることが多いため、数時間おきに塗りなおす ことが必要です。

紫外線の功罪

良 い面
悪 い面
@ビタミンDの生合成
 ビタミンDはカルシウムを作るのに必要とされており、その目的で積極的に日光浴が勧められていた時代もありました。
 しかし、現在、ビタミンDは食物から十分に摂取できるため、日常生活を送る上でまず不足することはないと考えられています。
 後にご説明しますが、赤ちゃんの日光浴についても以前とは考え方が変わってきています。

A光線療法
 皮膚科では、紫外線のB波の中でも一部の波長のみを、特殊な機械を使って照射する「光線療法」を行うことがあります。乾癬、アトピ−性皮膚炎などの治り にくい皮膚病に対して用いられます。
@日焼け(サンバーン)

A光老化
 シミ、しわ、皮膚の良性・悪性の腫瘍として歳をとってから現れてきます。

B皮膚の免疫反応を抑制

C光線過敏症
 日光を浴びることで色々な皮膚症状が出てしまう病気で、紫外線によって起こることが多いです。

D眼への悪影響
 角膜炎や白内障などの原因の一つであることがわかっています。

場所別、月別の紫外線量
月別紫外線照射量
(環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」)

 このグラフは、日本の場所別、月別の紫外線量を示したグラフです。

 同じ日本でも南にいくほど紫外線量が多くなり、札幌と那覇では、約1.5倍の差があります。
 また、5月から9月頃にかけての紫外線量が特に多いことがわかります。
 紫外線が多い季節といえば、「夏」というイメージがありますが、実はそれより前から注意していないといけないことがわかります。
 6月すでに真夏と同じくらいの紫外線対策が必要です。

時間帯別の紫外線量
時間帯別紫外線照射量と日照照射に占める割合
(環境省「紫外線環境保健マニュアル2008」)

 このグラフは、夏場における、時間帯別の紫外線量を示したものです。

 10時から14時の間で、一日の約60%の紫外線量を占めています。
 この時間帯を避けて外出することで、紫外線対策にもなります。

紫外線による影響を防ぐには
 普段の生活に取り入れやすい予防についてお話します。

@紫外線 の強い時間帯を避けましょう。
A日陰を利用しましょう。
B日傘を使い、帽子をかぶりましょう。
C袖や襟のついた衣服で覆いましょう。
Dサングラスをかけましょう。
E日焼け止めクリームを上手に使いましょう。
(環境省「紫外線保健指導マニュアル)

@朝10時から夕方4時頃までは1日のうちでも紫外線が強い時間帯です。
Aただ し、身体にあたる紫外線には、太陽からの直接のものだけではなく、空気中で散乱したものや、地面や建物から反射したものもあります。直接日光のあたらない 日陰であっても、紫外線を浴びていることは忘れないようにしてください。
Bまた、 日傘や帽子も、太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱している紫外線までは防ぐことはできません。
C皮膚に 到達する紫外線を減らすための衣服としては、しっかりした編み目をもつ生地 を選ぶことです。(生地をすかして太陽を見てみれば簡単に分かります。)
 衣服の色よりもむしろ生地を重要視したほうがよいでしょう。
Dサング ラスや紫外線カットメガネを適切に使うと、眼への暴露を9割方カットすることが可能です。
 最近は普通のメガネや、コンタクトレンズにも、紫外線カットの効果のあるものが多くでてきました。
 しかし、眼に入る紫外線は、正面方向からの光だけではありません。上下、後ろ、横からの光も、眼に入ってきます。
 レンズサイズのちいさなめがねや、顔の骨格に合わないめがねでは、正面以外からの紫外線に対しては十分な防止効果を期待できません。
 強い太陽光の下で眼を守るためには、顔にフィットした、ある程度の大きさ をもつメガネをかけるとよいでしょう。
 なお、色の濃いサングラスをかけると、瞳孔が普段より大きく開きます。そのため、紫外線カットの不十分なレンズでは、かえって沢山の紫外線が眼の中へ入 り、危険な場合があります。
Eについ ては次にお話します。

「日 焼け止め」正しく使っていますか?
 日焼け止めクリームは、正しく塗ると紫外線防止に非常に効果的です。
 ただ、日焼け止めは知らず知らずのうちに顔をこすったり、汗をかいたりして落ちていることが多いので、2〜3時間ごとに塗りなおすことが勧められます。

 また、量についても、顔が白くなるからといって少ししか使わない人が多いのですが、正しい量を使わないと効果が不十分になります。一度に使う量は、顔の場合、クリームタイプは「真珠2つ分」液状タイプは「1円玉2枚 分」の量は使うようにしましょう。
 特に頬骨のあたりや、鼻の頭は光を浴びやすいところなので、念入りに塗るようにしましょう。
 首や腕なども忘れずに塗りましょう。
 また、使う状況によって日焼け止めの強さを使い分けても良いでしょう。

日焼け止めに書いてある、「SPF」「PA」って何?
 日焼け止めの表面に、SPF、PAという表示があります。
 SPFとは、B波を防止する効果の強さを数字で示したもので、数が大きいほど強力になります。
 PAとは、A波を防止する効果の強さを+の数で示したもので、プラスの数は1個から3個まであり、3個が最も強力です。
 あまり強いものばかり使っていても肌に負担をかけますので、普段のお出かけは SPF15、PA+〜++程度のもので十分と言われています。
 水泳や汗をかくスポーツをする場合には「耐水性」にも気をつけましょう。
 いずれにしろ、2〜3時間おきに塗りなおすことが勧められます。

赤ちゃん・子どもも紫外線防止は必要?
 以前は、赤ちゃんの健康のためにも必要だとされていた日光浴ですが、1998年には、母子健康手帳から「日光浴」を勧める記述が消え、「外気浴」という表示のみに 変 わったのをご存知でしょうか。

 そもそも日光浴が健康に良いとされてきた理由は、紫外線が体の中でビタミンDをつくるのを助ける働きがあるためです。ビタミンDはカルシウムを合成する のが必要であるため、日光浴がすすめられてきたわけです。

 ただし、最近では、食事から必要なビタミンDを充分に摂取することができますし、逆に紫外線による悪影響の方が心配であるということがわかってきまし た。
 外の空気にふれる「外気浴」も大切ですが、赤ちゃんを散歩に連れて行く時は、直接日光を浴びすぎないようにすることが大切です。 特に、5月から9月ま では、比較的日中の紫外線が強いので、赤ちゃんの散歩は出来るだけ朝夕の時間帯にするよう心がけましょう。
 また、最近は、赤ちゃんの肌にも使える、肌に優しい日焼け止めも発売されていますので、活用しても良いでしょう。

 日本よりも紫外線についての研究対策が進んでいるアメリカでは、われわれが人生で浴びる紫外線の80%は18歳までに浴びることから、紫外線防止は幼児 のときから始めて、一生涯続けるべきであると勧められています。

紫外線対策〜国の取り組み〜<関連リンク>
 気象庁では、ホームページで毎日、日本の各地の紫外線量についてお知 らせしています。
 また、環境庁も、紫外線保健指導マニュアル2008年版を作成しており、ホームページ上で見たり、ダウンロードすることも可能です。

 最近は、テレビなどの天気予報でも、紫外線の予報をする番組が増えてきています。

 気象庁ホームページ「紫外線情報分布図」
 環境庁ホームページ「紫外線環境保 健マニュアル2008」

紫外線情報分布図
紫外線環境保健マニュアル

 これらの情報も有効に使って、しっかりと紫外線対策を行っていきましょう。



お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 保健予防課 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359


生 活習慣病・健康増進のページへ戻る