熱中症を予防し、楽しい夏を過ごしましょう

 

熱中症とは?

 熱中症とは、暑さによって、体内の水分、塩分のバランスが崩れること や、体温の調節機能がおかしくなることによって起こる、さまざまな障害のことを言います。

汗には大切な役割があります

 汗には、大切な役割があるのをご存知でしょうか。

 なぜ暑いときに汗をかくかというと、汗と一緒に体の中の熱を外に出し、体温を一体に保つためなのです。
 ただ、汗はしょっぱいことを皆さんご存知のように、汗の成分には水分だけでなく塩分も含まれているので、沢山汗をかいたら、水だけ飲むのではなく、一緒 に塩分も補給することが必要なのです。

熱 中症はどのようにして起こるのか?

 体には、体温を一定に保とうとする働きが備わっています。
 暑さによって体温が上がると、自律神経のはたらきで、汗をかいて、体温を下げようとします。
 しかし、むし暑い環境にいたり、自律神経のはたらきが悪いと、汗が出にくくなり、体に熱がたまってしまいます。
 これが、熱中症のさまざまな症状に繋がるのです。

どのようなときがなりやすい?

 ・気温が高い
 ・湿度が高い
 ・日差しが強い
 ・照り返しが強い
 ・急に暑くなった

といったときに起きやすくなります。

どのような人がなりやすい?

 ・脱水症状がある人(下痢など)
 ・高齢者
 ・肥満の人
 ・過度に厚着をしている人
 ・普段から運動をしていない人
 ・暑さに慣れていない人
 ・病気の人、体調の悪い人

 このような人は、自律神経がうまく汗をかくようはたらきにくくなっており、熱中症になりやすいため、より注意が必要です。

熱中症の症状と重症度、対処法

 熱中症の症状と重症度についてご説明します。

軽 度

・ めまい、立ちくらみ
・汗が拭いても拭いても出る
・こむら返り

・ 水分、塩分を補給することが必要

中 程度

・ 頭痛
・吐き気、嘔吐
・体がだるい
・判断力、集中力の低下

・ 脚を高くして休む
・水分・塩分を補給する
・自分で飲めないような状態なら、すぐに病院へ行って手当てを受けましょう。

重 度

・ 意識がない
・意識が低下
・けいれん、ふらつき
・体に触ると熱い

・ すぐに救急車を呼びましょう。


 上に述べたどの重症度のときも、共通する対処法は次の通りです。

 @涼しい環境への避難
 A脱衣と冷却(衣服を緩める、脱ぐ、濡れタオルをあてて扇ぐ)
 B水分、塩分の補給(意識低下のあるとき以外)
 C医療機関へ運ぶ(自分で水分摂取ができないとき)

冷却のコツ〜冷やすと効果的なポイント〜

脇の下、首、足の付け根 体を冷 却するときのコツをご紹介します。

 脇の下、首、脚の付け根といった場所は、太い血管が近くを通っているので、ここを冷やすと体温を効果的に下げることができます。
 (熱中症に限らず、早く 熱を下げたいときは、これらの場所を冷やすと効果的だということを知っておくとよいでしょう。)

「水 分だけ」を補給すると、かえってひどくなるときがある!?

 ここで、みなさんがよく忘れがちな注意点をお話します。

 汗をなめるとしょっぱいことからもわかるように、汗をかくと体からは水分だけでなく、一緒に塩分もでていきます。
 そのため、汗をかいて水分だけを補給すると、かえって体の中のナトリウム、カリウムといった電解質のバランスが崩れ、ひどいときは痙攣の原因となってし まうことがあります。

 汗をたくさんかいたなと思ったときは、水分だけでなく、塩分も補給するようにしましょう。
 スポーツドリンクや、水1リットルあたり2グラム程度の食塩を入れた水などが適しています。

日常生活での「熱中症予防ポイント」 @暑さを避けましょう

 屋外では日陰を選んで歩きましょう。
 屋内ではカーテン、だれなどで、直射日光を防ぎつつ、風通しをよくする工夫をしましょう。
 日傘や帽子を使いましょう。
 室内温度は28℃を超えないようにエアコンを上手に活用しましょう。
 エアコンの設定温度が低く室内温度が24℃を下回ると、外の気温と室温の差が大きく体の負担になってしまうので気をつけましょう。

日常生活での「熱中症予防ポイント」 A服装を工夫しましょう

 「クールビズ」という言葉もあるように、服装の工夫で、体に熱がこも るのを防ぐことができ、環境にもやさしい対策です。

 黒っぽい色の服は、熱を吸収して暑くなるため、白っぽい服にする、
 首周りや襟元をゆるめて、風通しをよくする、
 下着は、綿など吸水性にすぐれた素材を選ぶ、といった工夫をしましょう。

 今は吸水性や乾きやすさなどを売りにした下着も多く発売されています。

日常生活での「熱中症予防ポイント」 Bこまめに水分を補給しましょう

 暑いときには水分をこまめに補給するよう努めましょう。アルコールはかえって脱水のおそれもあるので注意しましょう

 のどが渇く前に水分補給をすることが必要です。
 水分の補給によって、体温を調節する自律神経の働きが悪くなるのを防ぐことができます。
 冷やしすぎた水は体に良くありませんが、少し冷やした水は胃腸のはたらきを活発にし、吸収を促進する働きがあるので効果的です。

 なお、どのような種類のお酒であっても、アルコールは尿の量を増やし、体内の水分を排泄してしまうため、汗で失われた水分をビールなどで補給しようと 考え方は誤りです。
 一旦吸収した水分も、後にそれ以上の水分が尿として失われてしまいます。

日常生活での予防ポイント C高齢者の注意点

 高齢者は特に、もともと体の水分量が少なく、脱水になりやすいこ とに加えて、のどの渇きを感じるセンサーのはたらきが鈍くなっているため、意識して水分をとるようにしましょう。

 脱水がすすむと、血管の中の水分が減ってつまりやすくなります。
 これは特に高齢者では脳梗塞や心筋梗塞の原因となりやすいので、寝る前にも水分を取るようにしましょう。枕元にも水分をおいて、目が覚めたときにこまめ に飲むようにしましょう。
脱水を防ぐことは、脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります!
 また、入浴によっても汗をかいて脱水になりやすいので、あまり熱い温度にしたり、長湯はさけるようにしましょう。
 もちろん、入浴の前後には水分を補給することを忘れないようにしましょう。

関連リンク

 熱中症予防の めの情報提供【Webページ集】

 


 これらの情報も活用し、暑い夏を元気に過ごしましょう。

 

お問い合わせ先

新川厚生センター(本所) 保健予防課 0765-52-2647
新川厚生センター魚津支所 0765-24-0359

 

活習慣病・健康増進のページへ戻る